ちくわぶろぐ

オタクがしてきた性体験のレポの置き場

えっちなコス着てもらってオフパコしてきた話

・3/8 2回目のセックスについて追記

 

 

 いやぁ、なんかもうすっかり春ですね。

 今日(3/6)なんか、地面見てたらアリさんが巣の周りでなんかわちゃわちゃやってて、あぁ~春だな~と、しみじみしたり。

 

 今回はオフパコのレポになります。

 あ、去年の人とは違う人です。

 いや~アレですね……。

 こういうブログをやってると、お誘いみたいな感じの話って来るもんですね。

 という訳で、連絡を取り合って日取りを決めたり通話したりしていきます。

 

 

 当日。

 朝に「生理始まった……」という連絡をもらい、キャンセルかな? という感じはしたものの、元々1回延期してたので、そのまま決行ということに。

 駅で落ち合ったAさんはショートヘアでメガネで、もう勃起も忘れて「ア」となりました。

 いや、元々自撮りの写真は貰ってたんですけど、それでもやっぱ実際に見ると一瞬で興奮しちゃって軽くパニクっちゃいましたよね。

 細身で普通の地味なオタクっぽい女の子。良いですね。

 で、合流後は昼食を食べに行き、そこからドンキホーテへ。

 

 

f:id:tiku_wabu:20200229121416j:plain

 すごく美味しかったです

 

 

 ドンキでは最初、ポケモンのぬいぐるみを見ながら最近のポケモンについて教えてもらって、その後でアダルトコーナーへ。

 ゴムやら、着てもらおうかな~という感じのエロ下着を吟味。

 Aさんも「こういう所をまじまじと見るの初めて……」という感じでしたが、このエロ下着とか最早ヒモじゃん! とかなんとか言って見てましたね。

 結局2つエロ下着を買ってドンキを後にします。

 

 

 そして、いよいよホテルへ。

 駅前のホテル街の中でも、何度か使った事のあるホテルをチョイス。

 部屋に入って各々荷物を置いて──いくのですが、その後少し気まずい沈黙。

 早速、話題を作ろうと先刻ドンキで買ったエロ下着の封を開けていきます。

 まずは全身網タイツ。

 渡すとAさんは苦笑いしながら「絶対えっちじゃないでしょ」みたいな事を笑いながら言ってるのですが、正座して頼み込み着てもらう事に。

 ゆっくりズボンを脱ぎ、上着の中で腕を仕舞いモゾモゾと着替えるのを見ながら、そういや小学校の水泳の時間とか、女子はこうやって着替えてたな~みたいな事を思い出したり。

 

 

 あ、そうそう。

 Aさんは生理パンツって言うんですか(ググったら正式名称はサニタリーショーツって言うんですってね)、それを履いてたんですよ。

 それがブルマみたいな感じの形と色だったんですけど、それがまぁ、彼女が童顔だったのもあって、めちゃくちゃえっち。

 後でシャワー上がりのタイミングで首からタオルを下げてそのパンツを履いてるシーンがあったんですけど「無防備な妹」みたいな感じがあって、今も脳裏に焼き付いています。

 

 

 で、早速シャワーへ。

 お湯を張りつつ、とりあえずリードしなくちゃな……と思ってたので、えっちなお店風に「お身体洗いますね~」とAさんの身体を洗っていきます。

 ただ、ボディーソープで泡々した手でお腹やおっぱいを触るだけでもう駄目です。

 ちんちんビンビンです。

 そんな感じでお互いに身体を洗った後は一緒に入浴。

 めっちゃ広い! とはしゃぐAさん。最初は向かい合って漬かっていたのですが、そのうちどちらともなく距離を近づけていき、こちらに背を預けてきました。

 Aさんの華奢な身体と小ぶりなお尻が密着して、いや……これはすごいえっちでしたね。

 その後はジャグジー機能と泡の出る入浴剤を使い泡風呂を楽しむ事に。

 いやぁ……泡風呂とか何年ぶり、いや十何年でしょうか。

童心に帰る気持ちもあったのですが、それ以上に泡風呂だ! とテンションを上げてるAさんと掬った泡を身体にデコられたり、後ろから抱き着いて胸を揉んだりと一通り楽しんでいきます。

 

 

 お風呂から出てベッドに入って少し休んだ後、えっちをしていきます。

 まずはクンニ。

 Aさん曰く「血が出るのはタイミング」との事で、大丈夫そうだったのでゆっくりと舌を這わせていきます。

 まずはクリトリスへのキス。

 薄く細く、密度も少ない毛が少しくすぐったかったですが、それを差し引いてもおまんこ美味しい! おまんこ美味しい!という感じで外側から丁寧に舐って堪能。

 いやぁ、やっぱりクンニは最高です。

 Aさんも時折小さく声を漏らしながら腰をぴくぴく動かしていたので、それがすごいそそそります。

 その後持参したローターを使ってクリに当てたり、おまんこの中に入れたりしたのですが、にゅぷっと入った時に声を上げるのがえっちだし、後はかなり奥までローターが飲み込まれて、「井戸かな?」なんて事を思ってたりしました。

 あ、指も入れてみて、おお~すっごいぬるぬるしてる~と感じたのですが、まぁ……案の定、抜いた指は真っ赤になってましたよね。(匂いは普通の血の匂いでした)(Aさん曰く『混ざったら血の匂いの方が勝つだろ』との事)

 

 

 で、まぁお風呂で挿入したら血とか気にしなくても良いのでは? という事を思い付いてお風呂場でえっちする事に。

 ただするんじゃ物足りないな……と思い、先ほど着てもらった網タイツがエロかったので再度着てもらいお風呂場へ。(濡れちゃうじゃん、みたいな事をAさんは言ってましたけど、まぁえっち用の衣装だし良いじゃん! という風に説得した)

 広いお風呂場、ちょうど浴槽のへりが広くて座れるだけのスペースがあったので、対面座位でゆっくりとハメていくのですが、動きにくくAさんの奥の深い所まで当たって痛がってしまったので、一度抜いて、浴槽に入ってもう一度合体。

 先ほどの泡風呂の湯を捨て、新しく入れた湯の中で騎乗位と対面座位の中間の体位になり挿入。

 湯の中だと膣にお湯が入って愛液が薄まり、男女ともに抽送の際に痛みを感じる事がある──みたいな知識があって少しだけ不安だったのですが、割とすんなり入ってAさんがゆっくりと動いていきます。

 浮力もあるのでしょう。細い体躯からは想像できない腰の打ち付けを自分のペースでしてきて、抱き着いて、時々肩や耳を噛んでくるAさん。

 汗なのか跳ねたお湯のせいなのか分かりませんが、額や頬に筋のように幾重にも張り付いた髪がすごいえっちでしたね。

 あと、音。

 攻守交替で少しだけバックでもシたのですが、二人が動く度にぱちゃんぱちゅんと水が跳ねる音や、肌がぶつかる音がお風呂場に反響して、それだけでもうヤバかったです。

 徐々にのぼせていくのは分かるんですが、それでもその音がすごくてずっとお風呂場でえっちしてたいな……と思っちゃいました。

 あの、よく言うじゃないですか。男性は視覚の刺激、女性は聴覚の刺激でえっちな気分になるってやつ。

 ああいう感じなんでしょうね。

 で、まぁ、そんな感じでお風呂場で30分くらいヤってたらそりゃのぼせる訳で──。

 出ようか~となって、ちんちんを抜いた時にふと、お風呂の中でクンニって出来るのかな……とAさんのおまんこを見て思い付きました。

 という訳で、ちょっと潜って舐めさせて!! と懇願してお湯の中へ。

 ドクターフィッシュよろしくおまんこ目掛けて股の間に顔を突っ込んでクンニ。

 ちゃんとお湯の中でもおまんこは味がしています。

 しかし、やっぱり息が続く訳がなく、すぐに浮上。

 Aさんは終始ケラケラと笑ってましたね。

 

 その後はお風呂を出てベッドで少しのんびり。

 

 そこからまた再開するのですが、そういやもう一つドンキでエロ下着を買ってたな……と思って開封

 黒のベビードールです。

いやぁ、やっぱこういうザ・えっちな下着っていうのは、それだけでエロいですからね。

 着てもらってすぐに行為再開。

 まずは普通にいちゃいちゃしながら抱き合ったり、キスしたり……。

 最初は正常位で挿入していくのですが、Aさんは浅めが好きみたいで小刻みなストロークで動くと、小さく喘ぐので反応が可愛く、ちょっと激しくするとその度に「やめてぇ……」みたいなか喘ぎ交じりの細い声を上げるのでガラにもなく興奮して責めモードになってしまいます。

 次にそのまま抱き合った形でごろんと転がって騎乗位の形。

 Aさんが自分の気持ち好い所を探るように動いていくですが、その慣れない感じの動き方がまたちんちんに響くんですよね。

 あと、ベビードールのスカート部分で結合部が隠れる形になって、それもまたえっちだな~と思ったり。

 そんな感じで挿入して繋がったまま正常位、騎乗位と体位を変えてぎゅーっとしてたり、動いたり動かなかったり、互いの胸や耳を愛撫したりと、結構長い間のんびりスローなセックスを堪能。

 で、そろそろフィニッシュとなるのですが、相変わらず僕は乳首を責められないとイケないので、正常位中に乳首虐めて……とお願いする事に。

 Aさんの手が下から伸びて、不慣れな乳首責めが始まるのですが、それでももうスイッチが入ったように精巣から精液が登ってくるような感じを覚えます。

 

 いや、このメカニズムには自分の身体とは言えやっぱり単純すぎて笑ってしまいますね……。

 ただ責めモードは継続しているので、この間も喘ぎ続けてるAさんに対して腰を動かし続けています。

 やめてやめて言ってるのが聞こえて「じゃあ乳首もっと強く責められたらイっちゃうかも」みたいな事を言うと、健気に慣れない手つきで力を強めてくるのですが、そうなると本当に射精しそうになるので、腰をピタっと止めて休憩──。

 そういう事をすると、「なんで止まるの」と下から睨まれて怒られたり。

 まぁでもその反応がすごく面白くて可愛いので、ついついやってしまいます。

 あとは手を繋いだり、抱きしめたりしながら正常位を楽しみました。

 ただまぁ……やっぱり乳首よわ男なので、乳首への快楽には敵いません。

 射精欲がこみ上げてきてしまい、最後はもう普通に射精。

 で、射精をし終えたのですが、下を見ると肩で息をしてるAさんの姿。

 ふと、このまま動いたらどうなるんだろう? と思い、ピストンを再開。

 ビクっとして「なんで?なんで?」と言われたので、「射精したけどまだ動けるよ」みたいな事を返すと面食らった顔をするAさん。

 訳が分からないという風にバカ! と喘ぎ声混じりで言われて抵抗されるのですが、その反応が楽しくて、しばらくそうやって動いてました。

 もちろん、怒ったような顔で顔をむにーと掴まれたし普通にちんちんも萎えて来たので、ぎゅーっとした後で引き抜き、シャワーへ。

 

 

 その後はサイゼに行ってご飯食べました。

 女性向け健康管理アプリの画面を一緒に見ながら、「いや、ギリギリ生理前かと思ったんだよね」みたいな話をしたり。

 ちょくちょくぺたぺたと手を触ったり握ったりしてくるのが可愛いな~と思ったり。

 

 

 あ、そうそう。Aさんからのレポも来たので載せておきます。

 

 

f:id:tiku_wabu:20200307004833p:plain

 

* * * * * *  * * *  * * *  * * *  * * *

 

 こんにちは、今回のマゾウサギのオフパコ相手であるメンヘラ陰キャ女です。このブログは以前から目を通していたんですけど、自分がまさか登場する側になるとは思いませんでしたね…

 経緯をざっくり言うと、私が連絡をする→会えるなら会いましょうか→何回か通話して会うって感じでした。オフパコ、一回くらいしてみてえな!!というのと、性癖溢れるツイートをする御仁とちゃんと話してみたいな、と前から思っていたので声をかけた次第であります。ただそう、経験があるどころかむしろないので、いざ会うとなるとそれなりには緊張します。彼の性癖にこたえられるわけでもないほんとに普通の人なので…

 当日はお昼頃に落ち合って、ご飯食べて、ドンキ行って、アダルトコーナー見て、じゃあホテル行きましょうか…という流れ。アダルトコーナーをじっくり見たことがなかったので色々あってすごい…商談どうしてるんだろう…と思いました。そんな中エロ下着をしきりに進めてくるのが面白かったです(最終買ってくれた、ありがとう)。ずっと手繋ぎたいな〜〜と思っていたのに、チキンすぎてこの時点では言えなかったです。

 ホテルでは最初シャワー浴びてお湯溜めて泡風呂で遊びました。泡風呂、めっちゃすき!楽しい!――は置いといて、普通に泡で遊んだあと後ろから抱きしめられたり乳首弄られたりしました。お風呂から出たあとはベッドの上で始まるわけですが、もう緊張してるし何も…何も出来ない…されるがままクンニされ胸を舐められ…でした。これでおちんちんバキバキなのさすがと言ったところですが。

 ちょっと休憩してから「お風呂ですれば血は流しちゃえるからシーツ汚れないじゃん」みたいな話になり、ドンキで買った網タイツを着ながら浴槽でしました。可愛い格好って言うけど本当かよというお気持ち。お風呂は大人2人余裕で足が伸ばせるくらいには広くて、あ〜〜ここでセックスするための広さだ〜〜と思いました。
私が上に乗って抱きつくような騎乗位で入れたんですが可愛い。喘いでんのめっちゃ可愛い。お湯を張ったので水音がぱちゃぱちゃ言うのが余計にエッチですね。耳噛むの好きなんですけど彼の小さい耳を噛むの美味しかったです。

 のぼせてきたので湯から上がって、ベッドでちんちん入れたまま動いたり止まったり繰り返してました。ここらへんから記憶があんまりないけど、好きに動いていいよとか言われたり、上に乗ってるときやたらニコニコしてるなと思った覚えがあります。
 最後の方は正常位でもうずっとされるがままで、気持ちいいけど気持ちいいって伝えるほど頭回らないしフニャフニャでした。
 マゾだって知ってるのにこれでいいんか?!と思いながら動けなかったです。
 気持ちいいからもうやめてくれって言ってるのにやめてくれないし、乳首弄ればイけるから終わるよって言うくせ勝手に休憩してイこうとしないし、顔が可愛いとか言ってやめないし、睨むと喜ぶし、は?!?!?!それでやっとイったと思ったら、まだ出来るからとか言って話が違いすぎてつらい。
 BLにはリバ(受け攻めが入れ替わる)カップルがありますが、あんな感じの気分でいてくれたら、いいな…と少し思いました。
 事後、シーツに血の跡がそりゃあって申し訳なかった、二度と生理中はやらねーです…


 んで何やかんやしてホテル出てご飯食べて、最後には手を繋いで帰りました。腕組みながら繋ぐんでしょとか言って全然出来てなくて可愛かったです。

 ときどき「わたし9歳だもん!」「水中でクンニできるか確かめる」「一家に一枚エロ下着」のような突飛な発言があるものの、ニコニコしてるし文句言わないし俺がやっとくよだしド健全すぎてびっくりでした。何でこれであのオフパコマゾウサギになるんですかね?人間信じられなくなりそうですね。

 拙いものを読んでいただきありがとうございました。嫉妬に狂うタイプなのでこれ以降マゾウサギが他の女と関係持ったらキレるかもしれません。

 

* * * * * *  * * *  * * *  * * *  * * *

 

    なんか、最後ちょっとこわいですね……。

 

 

    まぁ、それはそれとして今回のレポはここら辺で終わります。

    次回──、次回はどうなんでしょうかね?

    まぁなんか適当に動きがあったら書きます。

 

 

・追記

 

    またえっちしてきました。

    今度はスク水とニーソ姿でのセックスです。

    まぁ、着てもらう前に部屋に入って早々にゆるめの手マンで喘がせて、かわいい〜〜って虐めてたりしたんですけれども。

    スク水越しにAさんの乳首をカリカリ虐めると可愛い声で喘ぐのが面白くて、ずっとカリカリしたりさわさわして責めてました。

    あとは少しだけ顔面騎乗してもらってこっちの乳首を虐めてもらったりと、責め受けを交互に交代する流れに。(このタイミングでスク水は脱いでもらってました)

   その後は挿入して正常位と騎乗位を繰り返していきます……が、やっぱり騎乗位で見下されながら乳首弄られたり噛まれたりするのは最高ですね。

    お互いに乳首が弱いので、互いに虐め合うという流れがあったのですが、これは視覚的にも快楽的にもすごく興奮しました。

    なんというのでしょうかね、相手の乳首を責めてるのに自分の乳首にも快楽が来るので、頭の中がぐずぐずになります。

    互いに声を上げて、責める手を強くして──という感じでもうすっかりこっちの喘ぎ声も止まりません。 

    最後は前回同様に乳首を責められながらのフィニッシュとなりました。

   いやぁ、やっぱり乳首は射精スイッチですね。

   このままでいいのかな……という疑問はありますが。

   あ、そうそう、その後で片付けがてらスク水を見てたのですが、愛液って乾くと白くなるんですね。

 

    これは新しい発見でした。

 

    あと、ヤってる途中でAさんがおしっこ行きたいと言ったのでトイレについていってガッツリおしっこするのを見たり、その後でおまんこをティッシュで拭いてあげたりと、割と変態みたいな事もしました。(よく考えると普通に恥ずかしい事をやっちゃいましたね……)

 

    マゾ男とMっ気のある女の子のセックスとなると、お互いに責め合えて、お互いに感じてる顔を見て「かわいい」と言えるので楽しいです。

 

 

 

f:id:tiku_wabu:20200308113353j:plain

    ホテル行く前に、初めてお店のタピオカミルクティーを飲んだのですが、めちゃくちゃ美味しいですね。

    タピオカ自体が甘くてもちもちしてて白玉みたいでした。

ローションガーゼされたり男の娘とえっちしたりという年末年始の話

 メリークリスマス&あけましておめでとうございます&新成人おめでとうございます。

 あと何かありましたっけ。

 まぁ、今回はタイトルの通り、昨年末と正月に行ってきたお店のレポを短めにしてまとめました。

 

 

 

・ローションストッキング亀頭責めされてきた話。

 

 さくっとやっていきましょう。

 年末にふと、亀頭をいじめられたい……と思ってお店を予約。

 まぁ、何度か使ってるのでね、もう慣れたもんですよ。

 

 当日はレンタルルームに入って10分ほど。

 いつも指名してるAさんがやってきます。

 支払いと洗体を済ませて、早速プレイに入っていくのですが、今回はいつもと違います。

 

 拘束

 

 そう、今回は「ガッチリと拘束をされて思う存分亀頭を責めてもらおう」という目標でプレイをしていきます。

 手首と太ももを固定するというやや変則的な四肢拘束の形ですが、前にやった時は全然身動きが取れなくて最高だったんですよね。

 

 まずはパウダーをかけられてのマッサージ。

 手枷はAさんに預けていますが、まだ使わないからね、とのこと。

 乳首、脇腹、ちんちんと、弱い所を順番にさらさら~とパウダーと優しい指の摩擦で愛撫されていきます。

 その後は四つん這いになってお尻も優しく撫でられてのマッサージ。

 最後にもう一度仰向けで乳首だけをずっと指で愛してもらいます。

 ある意味「焦らし」ですよね。

 乳首はめちゃくちゃ弱いので触られるのでも、簡単に声が出てしまうんですが、それとは別にちんちんが寂しい。

 でもAさんの指は乳首だけで、我慢できなくて「ちんちんも……」みたいにお願いするのですが、駄目だよ、の一言が返ってくるだけ。

 そんな風に下ごしらえをされてると、切なさと期待でちんちんからはカウパーがとろとろと垂れてきます。

 もちろんそれをAさんが見逃す訳がなく、「我慢できなくなっちゃった?」と意地悪な笑顔。

 ここからが本番です。

 手を出すように言われて手と太ももを拘束されると股の間にAさんが入ってきて、手にしたボトルからちんちん全体にローションが。

 そして袋から取り出した20×10くらいの大きさのストッキング辺にもローションをドポドポと染み込ませて、ぬら~っとテカったそれを見せ付けてから、ゆっくりとちんちんに被せていきます。

 

 こうなるともう言葉が「やだ」「とめて」の連呼しか出てきません。

 甘い苦痛。

 それがローション亀頭ストッキング責めの醍醐味です。

 意外かもしれませんが、亀頭をストッキングで磨かれるのはすっすっと早く動かされるのより、ゆっくりゆっくり優しく動かされる方が「キツい」んですよね。

 もう腰ガックガクで上記の二つの単語もようやく搾り出せる感じ。

 でもそうやって喘いでいると、案の定Aさんが手を止めて来て「本当にやめちゃうよ?」「やめて欲しいんでしょ?」みたいに言ってきて、これもこれでつらい。

 もうどっちも駄目です。

 途中から亀頭責めに加えて手コキで、射精しそうになる度に寸止め。

 こうなると、必死に身体を痙攣させながらぐーとかあ゛―みたいな声しか出ませんでしたね。

 そんな感じで散々亀頭や竿をを愛してもらった後は、いったん休憩とばかりにこちらの左側に添い寝するように寝転がり、緩慢な手コキと乳首責めです。

 ただもうちんちんは大分ばかになってしまっていて、感覚が鈍っていました。

 その後は四つん這いで再度くすぐられるような愛撫をされて、再度仰向けにされて手コキでのフィニッシュへのカウントダウンが始まる……のですが。

 ここで問題発生です。

 ずっと亀頭責めと寸止めの焦らしをされて刺激に慣れてしまったせいか、手コキでイけない感覚。

 いや、気持ち好いんですけど、本来徐々に上ってくる射精の感覚というか波が来ない。

 ずっとさざ波状態。

~~~←こういう快楽の波のまま。

 どうしようもないので、拘束を解いてもらいAさんに寄り添ってもらう形で両乳首を責められながらセルフ手コキで自分のお腹にぶっかける形でのフィニッシュとなりました。

 困ったら自分の手ですね。

「んにゃぴ……自分の方が一番良いですよね」という言葉もあるくらいですし。

 

 いやぁ、寸止めされ過ぎると勝手にトロトロと精液が漏れてしまう……みたいな話も聞きますが、恐らくその寸止めと亀頭責めの相性が僕のちんちんにとっては良くなかったのかもしれません。

 まぁ確かに亀頭責めって、それの強烈な刺激で射精させる、射精させても擦り続けて連続イキさせるのが目的ですしね……。

 次に亀頭責めしてもらう時はそこら辺の配分を考えながら楽しみたいです。

 

 

・男の娘とえっちしてきた話

 

 さて、お次は2020年の姫初めのレポです。

 まぁ、相手は性別上は男なので「姫」という表現が合ってるかどうかは分かりませんが──。

 でもまぁ、お相手は性別上は男でも役割上は女な訳ですし、あんまりそういった言葉尻を捕らえるような問いはナンセンスですよね。

 今回は風俗オフも兼ねています。

 というか、年末にフォロワーが東京に来る、風俗に遊びに遠方から来ると聞いちゃのんびりしてる訳にはいきません。

 

 あ、彼との風俗オフは2回目なんでね。

 お互いの予約時間の1時間ほど前に合流して、コメダコーヒーに行ってました。

 初コメダだったんですけど、なんというか全体的にボリューミーなんですね。

 

 

f:id:tiku_wabu:20200131000721j:plain

 おいしかったです。

 

 

 で、まぁ時間が近づいたので各々指定されたプレイルームへ行きます。

 初めましてのAさんはまだ新人さんらしく、良くも悪くもぎこちない感じです。

 ただ、男の娘としては申し分ないので、もう最初からちんちんはガチガチに。

 諸々のやり取りを経て、まずはハグから始まります。

 その後はゆっくりと抱き合いながらキスをしたり、お互いの乳首やちんちんを触りあいながらいちゃつきます。

 その後シックスナインを経て挿入へ。

 Aさんは正常位と騎乗位が好きだという事で、最初は騎乗位での挿入。

 性別が男性上の人の騎乗位って、(もしかしたらお尻に挿入してるからなのかもしれませんが)女性とする時は全然違って、ずっしりとしてるのもそうですし、お尻の形が男女で全然違うな~ってすごい感じるんですよね。

 しばらく動いてもらった後、そのままAさんを抱きしめるような形で対面座位→つながったまま正常位への移行。

 お尻の穴に挿入する時って、相手の背中に枕とか入れて少し腰を浮かせてあげた方が上手く動ける──のですが、枕に手が届かなかったので、Aさんの両足をグッと押して、ちんぐり返しの姿勢に。

 そこから抽送をしていくのですが、日頃の運動不足が祟って長い事腰を動かせない。

 いやぁ、これには参りましたね。

 でもまぁ、そこから二度三度と体位を変えていきます。

 そしてフィニッシュなのですが、顔にかけて欲しいと言われたので、パコパコしてイきそうになったらAVよろしく抜いてぶっかける……という方向に。

 いや、普通に緊張しちゃいますよね。

 タイミング合わせなくちゃ暴発しちゃいますからね。

 抜いて、ゴム外して……ってやらないとね。

 中々大変です。

 そうこうしてるうちにイキそうになったので、急いでちんちんを抜きます。

 するとAさんが正座をして待機モードに。

 これがまた妙にエロい。

 目をつむっての正座──というだけなのですが、顔射待ちと考えるとはちゃめちゃにエロく感じます。

 で、最後は自分でちんちんをしごきながらAさんの顔にぶっかけるのですが、いやまぁすごい出る。

 めっちゃ濃い白色が目をつむったAさんの顔……鼻の頭を中心に目元から頬までザーメンパックのようにびゅるびゅる出てくる。

 普段のオナニーはオナホで、こういうお店では精液を撒き散らかすフィニッシュが多いので、こうやって自分の射精をまじまじと見るのは久しぶりです。

 ただもう一息つく間もなくメイクが崩れるのが怖かったので、急いでティッシュで拭き取ってあげました。

 めっちゃ出てるw とAさんは笑ってましたが、正直こっちは自分で出した量ながら少し引く感じでしたね。やっぱり3日溜めると濃いのが出ます。

 その後はまたフォロワーと落ち合って、ラーメンを食べて解散しました。

 

 

 今回はこんな感じでしょうか。

 いやぁ、なんかもうすぐ2月ですね。

 最近はずっと「CoD:MW」ばかりやってます。

 今までFPSって中古で買ってキャンペーンのストーリーだけ楽しんで終わる、って感じで遊んでたんですが、マルチの対戦ってものすごい楽しいですね。

 もう本当にずっとやってます。

 

 そういう理由もあって、今回のレポはいつも以上に筆の進みが遅かったわけです。

 まぁ、今後は気を付けていきたいですね。

 こういうのって生ものみたいなものですし。

 

 次はどうしましょうか。

 また、適当にどっか行くと思います。

 

 

<追記>

 かなり前の記事……というか、1年前の記事になるのですが、コメントがあったので返答をしたいと思います。

 その方がこのブログを今も見てるか分かりませんが、店名は「蒼〇うさぎ」です。

 普段、管理画面とか全然確認してないのでコメントに気付くまで1年も経ってしまいました。

 すいませんでした。

 今後はコメント確認とかもしっかりしていかないとですね。

オフパコしてきた話


・09/17更新

  お相手のAさんからレポをもらったので、追記しました 


    という訳で先日の記事でも書いてた通り、オフパコレポです。

 あ、オフパコってのは「ネットで知り合った人とリアルで会ってセックスする」っていう意味です。

 まぁ、なんでセックスする流れになったかというと、以前ネットで知り合ってLINEを交換して、なんやかんやで酔った彼女から「どこ住み? いつ会える? セックスしよ!!」みたいなメッセージが来たって感じですね。(大分簡略してるけどマジでこんな感じ)

 まぁ、本当はラブホに行こうって話だったんですけど、紆余曲折あって、彼女……Aさんの家でえっちする事になったという流れ。

 

 で、待ち合わせ場所は彼女の家の近く。まずはご対面……といくのですが、おっぱい!!!! メガネ!!!!!!!!

もうびっくりしました。

 当日はもうすごく暑かったのもあって、シャツに薄手のカーディガン的なものを羽織ったAさん。

そのむっちり具合がすごくて、もう初っ端からおっぱいしか目が行きませんでしたね。

 雰囲気としてはちょっとアンニュイな雰囲気を纏って、ダウナー系とオタク女子を足して割ったような感じ。

 あとギャップとしては、Aさんは開口一番に「よっ」と手を挙げてめっちゃフランクに挨拶してきたので、ちょっとびっくりしました(コミュ強か???)

 

 そんな感じで合流して軽めの会話……と言ってもリアルでの距離感が分からないので、本当オドオドしながら話をしていき、まずはコンビニへ。

 ここでコンドームや軽食、色々買っていくのですが、Aさんは早速コンドームを買う時に「全部使える?」みたいな事を耳元で囁いてきました。(不意打ちで痴女られたので何も言い返せなかった)

 で、その後は雑談しながら歩くこと10分ほど、Aさんの家へ。

 ここまで話す中で幾分か緊張はほぐれて、普通に話せるようになってたんですが、いざ彼女のアパートの部屋を前にすると、また緊張してきてしまいます。

 あのー、今夏大ヒットしたアニメ映画『天気の子』にもこういうシーンありましたよね。

 

「俺、女子の部屋……初訪問~~~!?」

 

 ってやつ。

 まぁ、初めて会った女性の部屋にセックスしに入るんで、あんなぴゅあぴゅあじゃないんですけれども。

 それは置いておいて。

 

 本当に緊張しながらAさんの家へ。

 内装きれいめの1Kの部屋。

 カーテンが閉められて薄暗い部屋の中は冷房が効いています。

 壁に付けられたインターホンの受話器に「男声で出る!」とメモが貼られてたのがめっちゃ女の子の部屋~~!!! って感じでしたね。

 しばらく涼みながら、緊張もしながら雑談をしてたのですが、じゃあシャワー行こうか、と廊下に連れ出した後、唐突に脱ぎだすAさん。

 いや、まぁそれが目的なんですけど、ちょっとびっくりしちゃいましたよね。

 

 で、シャワーの為にお風呂へ。これ本当に申し訳ないんですけど、マジで初対面、おうちご訪問と緊張が2連続で来た後に一緒にシャワーでトリプル緊張ですからね。

 もうガチガチで何も喋れない、ほぼ無口状態でした。

 Aさんは、そんな僕をリードするようにシャワーしながらちょっと愛撫とかしてくれて、マジでありがたかったです。(怪訝な表情してたけど)

 で、生で見るAさんのおっぱい、マジで大きい。

 多分Gカップ以上あるんだろうな……という事を思ったり。

 

 シャワーの後またお部屋に。ここまで来てもまだ少し緊張してるのでタオルで股間を隠しつつ正座……という状態。

 本当に、本当に僕はこういう時上手い事喋れないので、マジでカスみたいな世間話や目についた物に対しての感想や質問を口にするしかできません。

 で、ここも本当に唐突だったんですが、話が切れてちょっと無言になったな……と思うと、急に抱き着いてくるAさん。

 本当はこういうのも男がしっかりと言葉で「したい」旨をハッキリ伝えないと駄目なんでしょうね……。

 という風に言葉もほぼく始まる訳ですが、まずは目隠しを渡されて乳首を責められる事に。

 元々責めるのが好きとの事なので(というか痴女とかSを名乗ってる)、もうずっと責めてきます。

 まぁ普段から乳首弱いって事を公言してるので、もういつものように声が我慢できません。しかも声出すと出しただけ責めも強くなってきます。

 そんな感じで責められていると、急に耳に息を吹きかけられたり、音を立てて耳を舐められたりと、サドっぷりで魅せてきました。

 しばらくそうしてると、「手出して」とAさん。

 あっという間に先ほどコンビニで買ったビニールテープで手首を×の形で巻いてきて拘束されてしまい……。

 そのままごろんと布団に倒されると、今度は乳首責めに加えてちんちんも優しく触ったり舐ったりと虐めてきます。

 もうこうなると、いつものマゾモード突入です。

 さっきまでの緊張も吹き飛び、ただただ喘がされることに。

 

 そんな感じで15分くらい責められてると、ちょっともう我慢できないから挿入れるね、とAさん。

 先ほどコンビニで買ってきたゴムを開封する音が聞こえた後、Aさんが僕の下半身に覆いかぶさってきて……ゆっくりとおまんこにちんちんが飲み込まれます。

 今思い返せば、懇願してAさんに目隠し外してください……って言えば良かったなぁ、と思ったり。

 でも多分、なんで? って返されそうかな……とも思ったり。

 その後はじわじわと乳首を責められつつの騎乗位です。

 これ、まさに夢。

 ちんちんをキュウキュウ締められつつ、乳首を指で虐められる……。

 声はとっくに我慢出来てないので、もうAさんの一つ一つの動き毎に声が漏れてしまいます。

 しかし僕は遅漏、めっちゃ気持ち好いのに上手くイく事が出来ません。

 Aさんもある程度楽しんだのか(途中、イッてたような気がする……?)、ちゅぽっとちんちんを引き抜き、「なんでイカないのかな~」みたいな事を言って顔をぐりぐりと踏んできたので、ごめんなさい……と、指を舐めて謝ります。

 その後は足を折りたたむような形でさらにビニテ拘束されてアナル責めと手コキをされながら喘がされたり、目隠しを外してもらえて、デカ尻で顔面騎乗してもらったりと、一通りAさんに虐められました。

 この時すごい良かったのが顔面騎乗で、Aさんの大きなお尻で顔に乗られると、もう濃いおまんこの匂いがやばいですし、それで顔をぐりぐりと圧し潰されたりしたのですが、めちゃくちゃ興奮しました。

 

 そんな感じでしばらく責められて、もうちょっとでイけそう……という所で、ふーっと動きをやめ、体中のビニテを切って、ちょっと休憩~と布団に寝転がるAさん。

 その大きなおっぱい、肉付きの良いお腹からのお尻。

 それを見て、なんかもう我慢できなくなってしまい、ゴムを装着してAさんに抱き着くように正常位で挿入。(ここは自分でもすごいテンパってました)

 正常位で恋人繋ぎしたり、キスしながら腰を振るの、これヤバいです。

 なんかもう頭の中ドロドロに熔けていくような感じ。

 なんといいますか、そりゃ物理的に気持ち好いのはちんちんなんですけど、繋いだ手の熱さとか、唇や舌の感触とか、そういった普段と変わらないであろう「触覚」が全部ものすごい性感帯になる。

 幸せという感情になってちんちんの気持ち好さと一緒に頭に入ってきてドロドロに溶けていくような。

 これは本当にすごくて、完全にAさんに捕まったような感じでパコパコしてました。

 しかもAさん、僕のマゾ性癖を分かってるんですよね。

「そうそう、上手上手♡」みたいな事を優しく言ってきたり、ふっと顔を近づけた時に耳を舐めてきたりと、犯してるのがどっちだか分かんない状態。

 今までのえっちなお店とかでは絶対味わえない感じ。

 冷房は最早全然効いてなくて、汗もやばくてAさんに垂れちゃってて(途中、ごめんって謝ったりしてた)、でもおまんこへの抽送だけはやめられなくて、最後──最後よく覚えてないんですけど、確かキスをしてたかは分からないんですけど、すごくぎゅーって抱きしめながら射精しました。。

 そのまま少しの間、Aさんの上に倒れ込んでいたんですけど、Aさんがまるで赤子をあやすかのように頭を撫でてくれたのは覚えています

 もうだめだめですよね。こんな事されたら本当にだめになってしまいます。

 

 その後はAさんにお礼を言ったり、お互いに寝転がって休んだりしたりとだらだらしてました。

 途中、Aさんがお茶を入れてくれて、それを飲んだりしながら、お互いに裸でこんな事してるのって不思議だな~と、しみじみ思ったり。

 小休憩の後、また抱き着かれて乳首責めされたり、お願いして顔に乗ってもらったりしてました。

 で、そんなこんなしてると、Aさんが出掛ける時間が来てしまい、その後は二人で家を出て駅へ向かいます。

 道中、実はこんなブログもやっててさ……という感じでこのブログの事を伝えたりとか。

 

 

 

 まぁ、そんな感じでオフパコレポは以上です。

 ちょっと駆け足になってしまいました。

 すごく楽しかったですし、リアルで初めて会う人とこんなえっちで非日常な事が出来るとは思ってませんでしたので、まるで夢みたいでした。

 

 

〈余談〉

f:id:tiku_wabu:20190915212426j:plain

 

 〈補足〉

 アップ前にAさんに内容の確認してもらってますし、LINEのスクショのアップの許可も取ってます。


   〈追記〉

    09/17にAさんからもレポを頂きましたので、以下載せていきます。

f:id:tiku_wabu:20190917115749j:plain


 皆さんごきげんよう。
 とある女子大生、Aです。
 先日はちくわぶくんへのブログへの反応などを見て「私もオフパコのレポを書いたら面白いんじゃないか…!?」と思い筆を取った次第であります。
 少しでも楽しんでもらえたら幸いです。

 まあオフパコの経緯などは前の氏の記事を読んで下さればいいかなあと思います。

 どこから書こうかな…、と思ったけど、待ち合わせ場所で落ち合ってコンビニに行った当たりからつらつらと書いていこうと思います。
 氏がマゾだということは常日頃から知っていたのでコンビニからプレイは始まっていたのです(あくまで私の中でではですが)。不意に後ろから近づいて耳をふぅってしたり、手を絡ませてみたり。
 まぁ「痴女ってる」と言われても否定出来ませんね(笑)

 そんなこんなで私の部屋へ。
 雑談しながら、私も少し緊張していたのですが、ここはリードしなくちゃなぁとかぼんやり思ってシャワーを浴びとくか~、という感じでお風呂場へ。身体を洗いながら首筋や乳首を舐めると、可愛い反応をしてくれるので調子に乗って攻めると、彼は腰を落としながらアヘアヘするので、なんで「腰を落とすのかなあ」とか思っていました。怪訝そうな顔をしていたのはそのせいかしら、と思います。太ももを洗いながらおちんちんを舐めるとかいう無駄なテクニックを披露してしまいました。
 後で知ったことですが、そういう反応をするようにどこかで調教されていたみたいですね。ちょっと悔しいような羨ましいような。

 シャワーを浴びた後はベッドへ。
 目隠しをさせて、私が遊びたいように首筋、耳、乳首を弄びます。
「こんなに立派なおちんちんしてるのに、マゾだなんて可哀想だね?」
「女の子に乳首いじめられてそんなに嬉しいの?」
 とか言葉攻めして遊んだり。
 実際結構立派なモノを持っていたので、もったいないなあwと思いながら片手間にじぶんでクリトリスをいじったり。
 しばらくそんなことをしてから、まあ私も気持ちよくなりたいなあ、と思いコンドームを付けて、挿入しちゃいました。ちょっとその辺りは記憶が曖昧です。
 騎乗位で私が腰を振りながら、乳首をいじってみたり、前後に動いてみて自分の気持ちいいところに当てたり、上下に動いて先っぽの方だけをしごいてみたり。腰を掴んで騎乗位するとなんだか犯してるみたいで楽しいですよね。
 割と動いたところで、休憩タイム(ただ単に私が疲れただけでしたw)。

 もうそれ位から冷房ガンガンにかけてるはずなのに身体が熱くて、何をどうしたのか覚えていないんですよね(笑)

 最終的には正常位で、突かれる度に声を出してしましました。やっぱり気持ちいいよね正常位。何度か「イキそうです…」って言うところを「だーめ♪」って焦らすことでSっぽさを保ちました。
 そんな感じでフィニッシュして、私の上でぐったりしてるところを捕まえて頭をなでなで。「気持ち良かった?」と訊くと「はい…」という返事が返ってきました。

 よかった(と内心ホッとした)。

 そんな感じで私のレポは終わりです。
 冷静に考えると普段プロにお世話になっている彼から見ると、私なんて本当にただの素人だし、こんなんで良かったのかなぁ、とか思いましたが、楽しめたようでなにより。

 ここまで私の拙い文章を読んで頂き、ありがとうございました。そのうちまた会うかも知れないので、そのときはふたりでレポ書いたりしたら面白いかなあとこっそり思っております。
 それではまたいつか!

19.09.16. A

 

マッチングアプリを1か月使ってみてのレポと相席屋レポの話

 

 

 

 という訳で今回はセックスがした過ぎて、マッチングアプリを使ってみた──という話です。

 

 なんかユーチューバーみたいなノリになってますね。

 

 なんでこんな事になったかと言いますと、7月の後半にフォロワーがマッチングアプリを通じて彼女が出来た! という旨のツイートをしてまして。

 まぁ彼はすごく良い人なんでね、幸せになって良かったね……って感じだったんですけど、それとは別に「マッチングアプリってマジで使えるモンなの???」という感じの驚きも来たんですよね。

 ぶっちゃけ、デキ婚をおめでた婚授かり婚と美化して言い換える……といった風で出会い系アプリの事をマッチングアプリって呼んでるんでしょ? みたいな感じ。

 なんかもう前置きが面倒臭いんで本題に入りますね。

 

 

 という訳でそのフォロワーから教えられた「with」というマッチングアプリのサイトへ。

 そこから早速新規会員登録をしていくのですが……

 

 

f:id:tiku_wabu:20190908230400j:plain

 

 いやいやいや……早速難易度が高いです。

 フェイスブックですよ、フェイスブック!!

 そんなリア充のツールを陰キャオタクがやってる訳ないじゃないですか。

 ここは本当にびっくりしました。

 まさか初っ端から「陽」の気をぶつけられるとは微塵もおもっていなかったです。

 でもまぁ、そういう「出会い」っていうのは人脈だの交流だの、やってないと駄目なんですかね……。

 

 とりあえずフェイスブックはスルーして普通に会員登録を行っていきます。

 諸々の入力を終えて最後にアイコンを設定するのですが、これまた一苦労……。

 

 

f:id:tiku_wabu:20190908225658j:plain

 

 オタクは自分の顔を撮られるのが苦手なんですよね。

 だってそうでしょ。もしその写真がネットに出回ったらどうするの?

 一度出回った写真、もといデータは未来永劫ネットの海を漂い続けます。

 まぁ、そうなっても何らダメージを受けない生き方をしてるのが普通の人なんですけれどね。

 で、まぁこれどうっすかな~と悩んでるとツイッターでフォロワーから「お前がオナホを持ってる写真あるけど……」というリプライが。

 まぁ、しょうがないですね。

 それを上手くトリミングして使うしかありません。

 で、その後は色々自己紹介とか入力して、いざ、「with」の世界へ!

 

f:id:tiku_wabu:20190908225637j:plain

 ど、どちら様……?

 

 まぁなんかこの人が監修してるらしいです。

 で、そこからはこのDaiGoさんによるチュートリアルの時間となりました。

 まるでソシャゲみたいですね……。

 ちなみにこの人、チュートリアル後も色んな所でこのキメ顔で出てくる事になります。

 

 それはともかくとして。

 早速、女の子を探していきましょう。

 ざっくりと関東近辺で僕と同じくらいの年齢、生活レベル……といった感じで条件設定をしていき、検索をかけていきます

 

 うーん。やっぱり「陽」の者って感じの女性が多いですね。

 なんか全体的にインスタ映えスポットみたいな所とかで撮った写真のプロフばかり……。

 趣味も旅行とかディズニーとか……。

 ざっと見ていくだけでもディズニーが本当に多いです。

 いや、マジで、女の子はそれ書かなくちゃいルールなの?? ってレベルで皆ディズニー好き。

 ディズニーディズニーディズニーフェスディズニーディズニーディズニーディズニー旅行ディズニーフェスディズニー職場に出会いが無いディズニーディズニーディズニーディズニーアニメディズニーアニメディズニーフェスディズニーディズニー旅行ディズニーディズニーって勢いで、皆ディズニーが好きとプロフに書いています。

 なんといいますか、ディズニー好きの女性が多いとは知っていましたが、まさかこんなに多いとは……。

 アイコンもディズニーキャラとのツーショットだったり、園内のアトラクションをバックに撮ってるものだったり、まぁ凄い事。

 

 でも、でもですよ。就活女子がみんな同じような髪型、恰好をしていたり、「MARVELのロゴが入ったリュックを使ってる女子はそんなにMARVEL作品を知らない」という話とかあるじゃないですか。

 理由はあくまで「みんなそうしてるから」「周りで流行ってるから」というもの、という話ですね。

 そういう感じで、本当は色々好きな物や事があるけど、男受けを狙ったり、他の女性ユーザーがそう載せているから、同じようにディズニーの4文字を書いている──そういう可能性もあるのではないのでしょうか。

 

 閑話休題

 

 で、そういう時に何を見れば良いのかっていうと、「好みカード」というものです。

 

f:id:tiku_wabu:20190908230934j:plain

 

 あれですよ、タグ。

 自分の好きな事柄のタグを登録して、そこから同じ趣味の異性を探せる……みたいなやつ。

 しかも自分でもタグを作れるので、自由に自分のや好みを趣味をストレートに表現できる……という、まぁ本当にタグですよね。

 こういう自分をアピールしつつ、そこから繋がれる機能があるあたり、セックス!セックス!セックス!っていう出会い系サイトとは全然違うんだな~って感じ。

 という訳で早速、まずは自分の趣味である「サバイバルゲーム」を検索タグに入れて、まずは関東近辺、30歳までという設定で検索。

 

  まぁあまりヒットしません。

 ここスクショ撮っておくの忘れましたので、記事を書いてる時に再検索した時の画像です。

f:id:tiku_wabu:20190908233707j:plain

 

 で、そこから最終ログイン日3日以内という条件を加えると。

 

f:id:tiku_wabu:20190908233710j:plain

 

 めっちゃ減りましたね。

 ちなみにサバゲー系のタグで一番多いやつで検索掛けたんですが、そもそもの女性のタグ登録者が全体の1割未満。

 ちなみに僕の趣味のタグを見てみると。

f:id:tiku_wabu:20190908233119j:plain

 

f:id:tiku_wabu:20190908233126j:plain

※僕はデレステはもうログインすらせずもっぱらモバマスしかやっていないのですが、一番登録者が多いシンデレラガールズのタグという事で嫌々このタグを登録しています(唐突な闇)。

 

 

f:id:tiku_wabu:20190908233123j:plain

 

f:id:tiku_wabu:20190908233234j:plain

 

 まぁあれですね。やっぱ男の人口が多いってのがひしひし伝わりますね。

 そしてやっぱ水族館は男女比が半々って感じ。

 というかですね。

 やっぱ普通の趣味とか好物は男女比が半々だったり、いって6:4くらい。

 まぁ、あの……そりゃそうですよね。

 覚えてます? 最初にフェイスブックとの連携求められたの。

 つまりはそういう「陽」の者向けのアプリなんですよこれ……。

 そもそもオタクがここで上手い事やるのは難しいんですよ。

 

 

 まぁ、この話はここら辺でやめときましょうか。

 

 じゃあちょっと別の話を。

 さっきこれは「陽」のアプリだ! って書きましたけど、一応「陰」っぽい女性もいるにはいるんですよ。

 さっきの検索する「好みカード」を「飲み」「旅行」等にするとディズニーとかインスタ映えスポットをバックにしてるお姉ちゃんばっかになるのに、「アニメ」「漫画」で検索すると、見事に背景が自室か超接写でメガネで黒髪の地味女の子しか出てこなくなるんですね。

 ただ……、ログイン日を見るともう半年とか1年もログインしてない放置垢だったりで……。

 まぁ無謀な話です。

 やっぱり駄目みたいですね。

 あ、でもあれですよ。

 一人だけメッセージのやり取りまで行けた人はいるんですよ。

 サバゲーが趣味の年上の女性なんですけど。

 ちなみに、始めて2日後の話です。

 へ~、簡単にメッセージ交換まで行けるんだな~って思っちゃいましたよね。

 で、やり取りしていくんですけど……続かない。

 いや、「キャッチボール」をしなくちゃいけないってのは分かってるんですけど、ただの一問一答になってしまう。

 こういう所でコミュ障が露呈してしまいますね。

 

 あ、話は変わるんですけど。

 実はこのマッチングアプリをやってる際、相席屋にも行ってきたんですよ。

 

  https://aiseki-ya.com/

 

 これは元々、これまた別のフォロワーさんと「相席屋ってどんな所なんだろう~」「僕行った事ありますよ!」「マジすか? 行きたい!!!」みたいな感じのノリで決めた感じです。

 という訳でさくっと相席屋レポをやっていこうと思います。

当日は当日は待ち合わせの横浜駅へ。

 横浜駅ってアイマスMRを観に行った時以来ですね。

 で、フォロワーさんと合流して軽く居酒屋で飲み食べした後に相席屋へ向かいます。

 なんでも彼は職場の人と行った際、そのまま一緒にカラオケオールで良い感じになったとの事。

 これは頼もしいですね……。

 

 

 まず一組目。

 大人しそうな女性とギャル系のお姉さん。

 パっと見なんだこの組み合わせ……って感じですけど、男女関係なくあるあるですよね、こういうの。

 初っ端はフォロワーさんにトークのメインを張ってもらって、僕はそれに追従する形で話を差し込んでいきます。

 フランクな自己紹介から始まり、どこから来たのと聞き、相手二人の関係、これまで何卓回ってきたか……と相手から話を引き出すスタイルで会話を始めていきます。

 ですが10分ほどで我々に用はない、と思ったのか離席してしまいました。

 

 続いて二組目。

 さっきの一組目でフォロワーの彼がやってたように、僕も能動的に話をしていくのですが、まぁ世間話から一歩踏み出せずに離席。

 

 三組目だか四組目、悪い意味でというか自称サバサバ系みたいな女性がいる組に当たったんですけど、まぁ無神経というか人の話を聞かずに一方的に「こういうお店は~」とか「君さぁ~」みたいな説教をしてくる感じで、もう一方的にはいはいしか言えない。

 まぁ、男女関係なく、こういう思った事を考えずそのまま言っちゃう自分、かっこいい!みたいな人っていますよね。

 

 で、まぁ、結局トータルで8組ほど相手をしたのですが、後半になるにつれ「時間つぶし」で来ただけという女性が多く、あまり話が盛り上がらず、遅い時間になってくると、最初の1杯だけ飲んで5分ほどで退店……という感じの組ばかりになってしまいました。

 という訳で、相席屋の感想としては、ナンパのように数打って当たりを見つけなくちゃいけないんだな~っていう感じ。

 ただまぁ、最初は緊張しましたけど、3組目くらいから自然な感じで女性とのしゃべりが出来たと思うので、そういうトークスキルを鍛えたい人なんかは行けばいいんじゃないですかね。

 その日はもう0時過ぎてたので、彼の家に泊まっておしまいです。

  ちなみに彼のその後のツイート。(鍵垢掲載許可済み)

 

 

f:id:tiku_wabu:20190910230711j:plain

 

 さて、話をマッチングアプリに戻しましょう。

 一応、2週間くらい経っていて、それなりに気になった人に「いいね」を送ったり送られたりしてたのですが、上手い事行きませんね……。(そもそものニーズが違っているので)

 という訳で以前使っていた『ハッピーメール』を再度始めます。

 ヤリモクなら完全にこういったサイトが良いんですよね。

 

 このサイト、多い時は数分ログインしてるだけで4、5件足跡が飛んできます。

 また、相互いいねがなくてもメッセージが送れるので、よく「欲求不満です」「仲良くしたいです。会えませんか?」みたいなメッセージが来ます。

 ただまぁ、すぐに足跡ついて長文メッセージが飛んでくるような垢は、大体釣り垢や誘導垢で、2、3日様子を見てると[停]のマークがついてアカウントが消えてたり……と、化かし合いの様相を呈してるのも事実で……。

 

f:id:tiku_wabu:20190908234333j:plain

 地獄。

 

 基本的にはセミプロが99%って感じですね(経験則)。

 でも、すぐ足跡が付き、コピペ長文でもいいからメッセージが届く、っていうのはものすごく承認欲求が満たされます。

 まぁ、それだけなんですけれども。

 

 そんな感じで、マッチングアプリは2週間経ったくらいから、ほぼほぼ放置して、時折ログインして……という感じであっという間に1か月過ぎたんですよね。

 

 で、もう、まとめに入っていくんですけど、マッチングアプリの感想としては、やっぱオタクには難しいんじゃないですかね……って感じです。

 一応、トップページから「実際にカップルになった人たちの感想!」といったようなのがあるんですけど、どこからどう見てもあなたたち元からリア充ですよね?? みたいな人ばっかで……その……、先天的に異性との関係を構築するのが苦手な人にはやっぱ難しいよね……って感じです。

 よくよく考えると、やる前から察しは付いた訳で──。

 まぁ、そういう感じで、よほどトーク(メッセージ)が上手いとか相手の喜ばせ方を知ってるとかじゃないと、まず会うのも難しいのかな~って。

 これ以上書いても長くなるだけなので、結論を先に書くと、

 

 マッチングアプリはオタクには向いていない。

 

 というのがオチになります。

 ありがとうございました。

 

 こういう感じで8月を終えたのですが、それ以外はどうなんだと言いますと、サバゲに行ったり、コミケに行ったり、フォロワーの実家に泊まってサバゲーに行ったり、オフパコしたりと、それなりに楽しく過ごしていました。(オフパコについては簡単なレポを上げたいと思います)

 

 という訳で、今回はこの辺で終わりですかね。

 あ、記事内で散々disり気味になりましたが、僕もディズニーランドは好きです。

 あと、すっかり書いてなかったんですけど、メッセージのやり取りだのいいねだの、有料会員登録しないとほぼ出来ません。(今回1か月だけ一番安いプランに登録した)

 というか、ディズニーに詳しいオタクと行くとマジで効率的に回れるのですげー!!って思いました。

 

 

 では今回はこの辺で。

 

 追記

 あ、あと『Pairs』ってマッチングアプリも(もちろん有料プラン)やったんだけど、まぁwith以上に足元見てる感じで、お値段高めの有料プランというか会員にならないとロクに検索もできない感じでしたね。

 

 補足

 今回、記事で使った写真、やってる当時にスクショしたものと、この記事書く為にスクショしたやつでバラバラになってるので、現時点での最新版とは違うかもしれないので、色々ご了承よろしくね。

 あと、画像ペタペタ載せる記事は面倒だから二度とやりたくない。

福岡でトクヨクという形態の風俗に行ってきた話

 雨の日が続きますね。

 こう、なんといいますか、朝に雨が降ってると最悪って感じしません?

 

 今回は前回に引き続き、風俗遠征のレポとなります。

 場所はなんと福岡。

 いやぁ、福岡は幼い頃に家族で行ったかな~って感じで記憶もおぼろげなので、事実上の初福岡ですよね。

 まぁ、なんで福岡なんだって所なんですけど、『アイドルマスター ミリオンライブ!』のライブに応募したら、福岡公演が当たったから……っていう理由だけなんですけども。

 

 

f:id:tiku_wabu:20190712005934j:plain

 

 まぁ、そんな感じで、直前まで宿を取ってなくライブ後の予定が不透明なまま、フォロワーとかと落ち合ったり、打ち上げとか参加する事なく、会場を後にして、そのまま風俗──というか福岡イチの歓楽街だという中洲に向かったって感じです。

 事前に福岡住みのフォロワーにおすすめの風俗店を聞いていたので、中洲へ向かう道すがらお店のサイトを見ながら電話をして、これから入れる嬢で責め系の人を指名。

 

f:id:tiku_wabu:20190712005942j:plain

  中洲ってそういう地名なだけかと思ったら、地形的にマジで中洲なんですね。

 

 

 で、着いた先は結構大き目な建物。

 ラウワンとかそういう感じの娯楽施設みたいな大きさです。

 そうそう。今回のお店は関東では聞いたことのない「トクヨク」という形態のお店。

 なんじゃそれ、と思ってググって見ると、サービス的には「店舗型のヘルス」との事。

 じゃあ何がそれと違うのかって所なんですけど、プレイルームにガッツリお風呂スペースがあり、洗い場と湯舟があるみたいなんですね。

 それ故にプレイとして、洗いっこがあったり一緒にお風呂に入ってイチャイチャするってのが出来るみたいな。

 まぁ、店舗型ヘルスで、ソープみたいなプレイが出来るみたいな。

 あとは各自で調べてください。

 

 で、建物に入ってエレベーターへ。

 ドアが開くとすぐお店。

 出迎えてくれた男性スタッフに予約してる旨を伝え、そのまま待合室へと。

 なんかマジでソープみたい雰囲気。

 これがトクヨクってやつなのかー……みたいな感じで座って待ってると、スタッフさんに問診票を渡されます。

 

 問診票。

 

 いやー、これがあるお店はすごく信用できますよね。

 性感帯、したい事、されたくない事、希望のフィニッシュ──。

 それらをぶちまけてスムーズにプレイが出来るようにする潤滑油ですよ。

 もちろん、いつも言ってるような事を書いたり選択していきます。

 で、ですね。

 今回、オッ! となったのは「お尻は感じるか」みたいな項目。

 まぁそこは普通に「感じるので責めて欲しい」みたいな選択肢に〇をしたんですけど、その下だったかな、ペニバンで掘られたいか否かみたいな項目もあったんですね。

 で、問診票を提出して待つこと数分でお呼び出しがかかります。

 その後はNG行為等の説明を簡単にされて、黒いカーテンの奥へ。

 薄暗い廊下を進み、指定された部屋に入るともうびっくり。

 

 X字の磔台

 鉄格子の壁!

 ベッドの下から伸びるチェーン!

 お風呂場に分娩台みたいな開脚スケベイス!

 

 もうこの時点でテンション上がりまくりですね。

 いやー、こういうSMルームでのえっちって一度してみたかったんですよ。

 規模的には「ぷちSMルーム」。

 いいですねぇ。

 

 で、ここからなのですが、まずは一人でシャワーを浴びます。

 上に書いたように、本来は嬢の人と一緒にお風呂プレイとかするのがトクヨクらしいんですけど、今回僕が選んだコースは、受け身メインなので、先にシャワって待っててね、みたいな感じで始まるみたいなんですよ。

 ここら辺でこれじゃあ普通の箱ヘルでは……? とも思ったんですが、部屋にある磔台とかチェーンとか見てると、まぁいっか! って感じでルンルン気分でささっと身体を洗ってうがいをして、ベッドに腰かけて待っちゃいますね。

 

 そんな感じで待っていると、コンコンと小さめのノック。

返事をして戸を開けようと立ち上がると、向こうの方から戸が開きAさんとご対面。

 エロ下着を身にまとったAさんは細身でスレンダー。胸は小ぶりですが、黒の網状のエロ下着が引き締まった印象を与えます。

 簡単な挨拶と、どういう事したい? という話を振られたので、いつものように答えると「お尻も全然イけるとか、結構Mなんだね」みたいな感じ。

 もちろん、こういうSMルームって初めてだからめっちゃ興奮するっすね~という感じで、これで虐めて……というアピールも忘れていません。

 そんな感じでプレイに突入していく訳ですが。

 

 Aさんは早速「こういうので拘束されてみたい?」と、バッグから手枷を持ち出し、壁の方を見ながら聞いてきます。

 もうア!!!!! って感じですね。

 まぁチラチラ壁の方を見てたのでバレバレだったんでしょうけど。

 という訳で、すぐ手枷をセットされて格子壁に繋がれます。

 あ、最初はX字の磔台に繋がれるのかな~と思ってたんですけど、それに繋ぐチェーンが無いとの事で、その手前の格子壁へとなりました。

 さて、その後目隠しを付けられてからプレイが始まります。

 まずは上半身を愛撫されていくのですが……もう最初から焦らされまくるハメに。

 ゆっくりと上半身を舐られたり、指でなぞられていくんですけど、中々乳首に触れてくれない。

 舐めるのはすごく上手くて、ギリギリ乳輪をなぞるくらいまでで舌を這わせて──みたいな責め。

 舐めるのが止まったと思ったら脇や太ももを指で摩りながら、耳を舐めてくるという緩急の付け方で、もう声が我慢できなくなります。

 一番触れてもらいたい所に来てくれない焦らしを初っ端から受けて、足もガクガクしてきて上手く立っていられなくなり(もちろんその状態の事を耳元で囁かれたりする)、思わず乳首舐めてください…と声を漏らしてしまいました。

 すると、しょうがないなぁ~という感じでAさんはゆっくりと、先ほどの焦らしと同じようにじわじわと左の胸に舌を這わせ、舌で弧を描くように舐っていき、最終的にすっかり勃っている乳首に吸い付いてきます。

 もうその瞬間、声が我慢できなくて、変で情けない声を上げちゃったんですけど、それくらい幸福感がヤバかったですね。

 視界を奪われて肌の感覚しかない状態だからってのもあるんですけど、早く乳首を虐めて欲しいのに……という生殺し感と、あともうすぐで気持ち好くなれる……という期待が入り混じって、非常にゾクゾクしちゃってましたし、実際にそこから舌で弾くように責められると、勝手に腰がガクついてました。

 そこからは堰を切ったようにAさんの拘束快楽責めが始まります。

 舌と指で乳首を交互に責められていくのですが、Aさんの唾液の量がすごくて唾液がだらだら身体を伝って太ももまで垂れていく感触がすごく新鮮な感じです。

 もちろん立っている状態だからというのもあるのですが、乳首を舐る際にただ舌を這わせてるだけじゃなくて唾液をどんどん絡ませて疑似ローションみたいな感じにしてるので、よくある舌で擦るという感触じゃなくて、優しく撫でてくれるような感触。

 もう片方の乳首を指で愛撫する時も指の腹で唾液ローションを塗るようにしてくれたので、左右両方とも同じような刺激になり、快楽に集中できたような気がします。

 乳首って割と繊細な部分なので激しい責めより、こういうどこまでも優しくフェザータッチ気味の責めの方が気持ち好くなれるのかなーと思ったり。

 そんな感じで乳首を責められていると、ちんちんからカウパー駄々洩れだよ? とAさん。

 触って欲しい? と聞かれたのでそのまま即答。

 乳首から離れた手がちんちんに触れていくのですが、先ほどと同じように、まずはゆっくりとちんちんを上下にスローに動かして焦らしてきます。

 最初のうちはそれだけでもある程度は気持ち好かったんですが、すぐにそのゆっくりさが苦しく、切なくなってきて、もっと早く……と懇願。

 でもAさんはさらに手をゆっくりと動かしてきました。

 もうこうなると駄目で、自分で必死に腰を振ってAさんの手にちんちんを当てるしかなくて。

 Aさんの手マンコめがけてへこへこ腰を振ってしまう羽目になります。

「あれー、自分で腰振っちゃうんだ?」と笑うAさん。でも竿への刺激が気持ち好くてもう止められませんでした。

 そんな様を笑いながら、徐々に手の位置を下げていくAさん。するとその手マンコを求めてへこへこしてる腰も下がっていき、がに股状態に。

 Aさんから、股をおっぴろげて恥ずかしくないの? みたいな事を言われたのですが、もうそんなの気にしていられないくらい、射精欲を高めようとへこへこと情けなく腰を振るしか出来ません。

 しばらくそうしてると、パッとちんちんから手を離されて「フェラしてあげるね」とAさん。そこから先はフェラと両手での乳首責めという3点責め。

 もうこの時点で結構射精欲が高まってる状態。

 真っ暗の視界の中、緩急をつけられた責めでじわじわと嫐られていました。

 

 しばらく責められた後は手枷を外されて、ベッドに寝るようにとAさんの指示。

 そしてそこでもベッドの下から伸びるチェーンに手枷を繋がれ、バンザイの形で両手を拘束されます。

 その後僕の股の間に入り、軽く手コキ。

 で、そこからなんですが、手コキをしつつ足をこっちの顔の方に差し出して、足の指で乳首を擦ってきました。

  

 足裏乳首責めです。

 

 このブログには書いてなかったのですが、今年の1月の記事で書いた嬢の人を2度目に指名した時に一度されたことのある責めなのですが、簡単に言うと、

 

f:id:tiku_wabu:20190712005505j:plain

 画像は「【VR】長尺42分・高画質 ギャル痴女 勝手にイッたらお仕置きだからね。冴木エリカ」より

 https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=h_1127vovs00333/

 こういう感じのやつ。

 とりあえず便宜上勝手に「足裏乳首責め」と呼んでるだけなので、正式名称とかあるなら教えてください。

 

 で、まぁ、別に足フェチとかではないんですけど、この時のAさんの生足の裏がズイっとこっちに伸びてくるシーンが頭からずっと離れなくて……。

 そのままズリズリと足で乳首を虐められながら手コキされてたのですが、足裏乳首責め、癖になってしまいそうです。

 

 そんな感じで足で乳首責めをされていたのですが、やっぱり姿勢は楽ではないようで。

 数分で足は離れ、その後はスタンダードに手コキにフェラ、時々乳首責め、という風に責められていきます。

 で、そういや問診票に顔面騎乗されたいって書いたし、そろそろお願いしようかなーという感じに。

 

 すっとベッドの脇に立ち、僕の目隠しを外すAさん。(パンツは)そのままがいい? と聞いてくるので、ものすごく悩んだ結果、直で乗って貰う事に。

 ゆっくりお尻を下ろしてくるのですが、特に打ち合わせもしてなかったので、最初はちんちんに背を向ける感じでの顔面騎乗になりました。

 これはこれで良いのですが、求めていたものは顔面騎乗+乳首責めだったので、ちんちんの方を向いてもらい、そのまま乳首を責めてもらいますが……やっぱり最高です。

 顔に圧し掛かる重さと陰部のエロさ、それとは正反対の乳首への甘い快楽。

 されてるだけですごく幸せな気分になっちゃいますね。

 ただ、今回、Aさんはあまり顔面騎乗が得意ではないのか、中途半端な感じで腰を浮かせてたりして、短時間で終わってしまいました。

 

 で、その次はアナルを責められる事に。

 両足を持ち上げると、Aさんがローションを塗ってきて、そのままゴムをはめた指でする~っと解されました。

 もう大分慣れてるもので、あっという間に準備が出来て、まずは玩具で責められます。

 最初に持ち出したのは細身のアナルバイブ。

 スイッチを入れられて前立腺責めをされると、やっぱりいい感じにビリビリと気持ち好くなってきます。

 しばらくそれでウォームアップをされた後、そろそろ挿入れて欲しい? と聞かれたので、恥ずかしくなりながらもお願い。

 

 Aさんが持っているペニバンは、バンド部分とディルド部が外せるセパレート型なのか、それともお好みのディルドを装着できるタイプなのか。

 ペニバンの知識がないのでどっちかは分からなかったのですが、ベッド脇でAさんがバンドにディルドを付けて、それから下腹部にセットして……という様を見上げていました。

 ただ見てて思ったのが、「女性が」「男性器を付ける」っていう姿はすごくエロいなって……。

 いや、まぁ、これまでNH風俗とかでちんちんは見てるんですけど、それとは別の、ちんちんを模した人工物。しかもあくまで挿入される側だけが気持ち好くなる、気持ち好くさせられるっていうセックストイ。

 そういうのを見せつけられる(見てるだけですが)のって、結構クるものがありますね。

 で、まぁそこから挿入されたのですが、案の定すんなり入ってしまい「余裕で入っちゃったね」とニヤニヤ笑みを向けるAさん。

 もう苦笑い。

 挿入されるとすぐにゆっくりと抽送が始まり、徐々に気持ち好い所へ気持ち好い所へと当たっていき、声が漏れていきます。

 その反応を見てAさんも頃合いと見たのか、腰を動かしてさらに密着した正常位で腰の動きを早めてきました。

 もうこうなると、ニセチンポでも本物チンポでもあまり変わらない気がします。

 ただもう気持ち好い所を叩かれて下腹部がじわじわと熱を帯びてきて。

 しかもAさん、そこから乳首責めもしてきます。

 最初は両手で左右の乳首。

 これだけでも十分精巣がグツグツ煮える感じなのですが、そこから片方離して右手でちんちん、左手で乳首を──となると、もう我慢も出来なくなって、もう必死に喘ぎながらAさんを見つめながら声を上げるしか出来ません。

 最後はそのまま乳首責めと共に手コキをされながら、思いっきり射精。

 

 ──そこで終わらないのがAさん。

 その後も手のひらで亀頭を責めながらニコニコと「これどう? どう?」と射精後亀頭磨き。

 これはマジでやばかったです。

 もう本当に駄目で苦痛で、でもまだ射精の余韻とお尻の気持ち好さとでぐちゃぐちゃにされて、必死に声を出してやめてもらおうとするも声は出ないし、抵抗しようにも手錠で繋がれているので、ただジタバタするしか出来ない。

 Aさんが飽きるまで、ずっと汚い声を上げながら悶えていました。

 

 その後はいつも以上にぐったりしてたのですが、シャワーの準備が出来たと呼ばれて重い身体を引きずってシャワールームへ。

 分娩台のような開脚型スケベイスに座らされて身体を現れるのですが、このタイミングで使うんだ……という気持ちでしたね。

 そんな感じで後はまったりと博多のオススメの観光スポット等を聞いたり、博多とか何もないよ? みたいな事を返されながら、全身を泡だらけにされていきました。

 シャワーの後でお茶を飲んだのですが、店舗型のお店だと缶のお茶を渡されるのは全国共通なんだな~と思ったり。

 その後は一緒に部屋を出て、待合室の前でキスをしてお別れです。

 

 

 いやぁ、今回も楽しかったですね。

 その後は近くの屋台で博多ラーメンを食べました。

 

f:id:tiku_wabu:20190712010043j:plain

 

 風俗もエリアによって色が違うと言いますが、今回の「トクヨク」は新鮮でしたし、意図してなかったとはいえ、ペニバンと磔拘束が体験できたのは最高でした。

 

 次はどうしましょうか。

 また亀頭責めされたい欲もありますし、NHさんに犯されたい欲もありますし、新規開拓をしたい欲もあります。

 ただそんな全部行けるほどのお金はありません。

 

 まぁ……多分行きたくなった時、その時に一番飢えてる性癖にドンピシャの所に行くって感じになるんじゃないですかね。

 そんな感じで今回はここまでです。

  あ、ライブは夜想令嬢のミュージカルとEScapeのLOSTカバーが本当にやばかったです。

 

 

おまけ

翌日は福岡タワーへ行きました。

ゴジラvsスペースゴジラですね。

f:id:tiku_wabu:20190712010044j:plain

番外編・第8回シンデレラガール総選挙を終えてのえっちなお気持ち表明

 総選挙面白かったねー!

 という訳で今回はタイトルの通り、番外編です。
 モバマスデレステで開催されていた「第8回シンデレラガール総選挙」に対する記事です。


 という訳で風俗の話はしないので、それ目当てで来た方は読まなくて良いと思いますよ。


 まぁ、あれですよ。

 お気持ち表明。

 いつどこで誰が言い出したのか知らないけど、まぁ……ネガティブなイメージがあるよね。
 ネガっていうか、自分に酔ってるのかな? っていうか、悲劇のヒロインぶってるのかな? みたいな。

 じゃあさ、逆にですよ。
 ポジティブな「お気持ち表明」ってどうだろうって。
 もっというなら、「えっちなお気持ち表明」ってどうだろうって。

 

 という訳で、今回は「番外編・担当アイドルに対するえっちなお気持ち表明」という感じで進めていきます。

 お気持ち表明っていうからには総選挙の感想……みたいなのがあった方が良いのかなってのも思うんですけど、まぁ「担当アイドルでえっちな妄想やオナニーが出来ればそれで良い」ってスタンスで第一回の頃からやってるんで、総選挙に思い入れとかあまりないんですよね……。

 あれです。モバマスデレステがサービス終了した後も、時折担当アイドルをオカズにして忘れないようにする──みたいな事が一番大切だと思いますよ。

 

 閑話休題


 まぁ、あの、かねてから記事内でもちょっと言及してて、よく読んでる人はなんとなく察しが付いてたと思うんですけど、僕は「アイドルマスター」のオタクなんですね。
 もっと言えば主に「アイドルマスターシンデレラガールズ」のオタク。

 で、人が多いコンテンツって色んな人がいるじゃないですか。
 色々面倒くさかったり……ねぇ。
 ほら、風俗もいるじゃん、ガチ恋する馬鹿とか、本番強要マンとか、ばっちい状態で来る客とか──。


 という訳でね、なんかモバマスのそこら辺の事は適当にググってみればいいんじゃないですかね。

 

 で、ですね。
 上でも書いたんですけど、今回はマジで僕の妄想と性癖によるお気持ち表明していくんでね。
 うっわ!! モバマスにはこんなえっちなマゾ好みのキャラがいるのか!!!! みたいな感じで読んでいけばいいと思います。

 じゃあ早速、担当アイドルのえっちなお気持ち表明していきます。
 あ、そうそう。いわゆるダイマとかじゃなくて、単純に担当アイドルに抱いてる劣情を吐き出していくだけなんで、書いてある事は全く公式設定とかそういうのじゃないんでね。
 あとPは竿役みたいなものだと考えてください。

 

 

 

 相原雪乃。

f:id:tiku_wabu:20190521232712j:plain
 

 見てこれ。こんな可愛い太眉ω口ほんわかお嬢様いる?
 めちゃくちゃ可愛いですよこの人。
 しかもね、上から92/58/90の超ほんわかボディ。

 

 時折、某雪乃Pのフォロワーさんから「この人、相原さんの体型に近いよ!」みたいな感じでAVの情報が送られてくるんですけど、現実にいたらめちゃくちゃ半端ないおっぱいとお尻ですからね。

 

 あのー、個人的には雪乃さんはサドだと思うんですよ。

 

f:id:tiku_wabu:20190521232845j:plain

 めっちゃちんちんにクる

 分かります? このお顔。
 これ、普通に「ふふっ♪」って微笑んでるお顔なんですけど……やっぱりちんちんにキますよね。
 あるじゃないですか、普段の穏和な微笑みと同じ顔で、マゾのPを甚振り、見下す──みたいなの。

 

f:id:tiku_wabu:20190521232733j:plain

 

 そういうのすごくゾクゾクするし、雪乃さんって「ですわ♪」口調の典型的なお嬢様なんですけど、10代じゃなく22歳なんですよ。22歳っていったら、もう性に奔放な年頃じゃないですか。
 他の20代前半のモバマスアイドルだって、スキャンダルなんて気にせずお盛んですからね。
 話逸れたけど、年齢もエロいよねって事です。

 で、お嬢様だからお金はあるんですよ。
 だから普通に郊外のマンションの最上階の部屋を借りれる。そしてそこがプレイルームという名の監禁施設になる。

『自分の為だけにある部屋で、サドお嬢様に愛される』
 こんな夢みたいなシチュがありますか?
 夢ですよ夢。大きな一方的な愛に圧し潰される。
 これこそ一つのマゾの夢の形だと思いますよ。

 あと、デレステ(モバマスとは世界観が違う)の設定を借りるなら、結構世間知らずな所(箱入り娘特有の無知設定)もあるんですよね。
で、アイドルにスカウトされた時にAVデビューしそうになったりしてるんですよ。

 無知でお嬢様、これほどえっちな組み合わせがあるでしょうか。

「Pさんに喜んで頂きたくて、私、アダルトビデオというもので学びましたの!」
「ふふっ♪ Pさんはこのように女性に組伏せられておちんちんを虐められるのが好みなんですわよね」
 そういうシチュでローションガーゼ亀頭磨きでイかれて、達成感から頬をほころばす雪乃さん……いいよね。


 ここまで色々書いてきましたけど、じゃあ雪乃さんにされたいプレイはなんなんだと聞かれたら、それはやっぱり顔面騎乗です。

 考えてくださいよ。
 雪乃さんは太眉ですよ。
 眉毛の濃さは陰毛の濃さ。
 まぁ、アイドルなんで整えてはいるでしょうけども、90もあるデカ尻がゆっくり顔に迫ってくるのとか、もう考えただけでバキバキに勃起しますからね。

 

f:id:tiku_wabu:20190521232947j:plain
 現在唯一拝める雪乃さんのお尻(デフォルメでも分かるデカ尻)

 

 あとはあれっすね。顔面騎乗。これはマジで好きなんですけど、51キロの雪乃さんの顔面騎乗ですよ。
 ただこっちにご奉仕クンニさせるだけじゃなく、デカ尻で顔をすり潰してきたり、呼吸管理とか普通にしてきて、「もっとちゃんと舐めてくださらないと、いつまでも苦しむ事になるのですわ。まぁ、もしかしてそれがお望みなのでしょうか…♪」みたいな事言いますよ絶対。

 あ、そうそう。雪乃さんはね、紅茶が趣味ですからね。
 ちゃんとペットとしてご奉仕出来たらご褒美にそのまま顔におしっこしてもらえますし、下手くそで雪乃さんの機嫌を損なわせてもおしっこで溺れさせてきますよ。(飴と鞭が同じプレイなのがすき)

 それはそれとして雪乃さんのエロシチュは趣味:紅茶ってのもあって、母乳ミルクティーだったり、ザーメンミルクティーだったり、おしっこレモンティーだったり多い気がします。

 まぁ、確かにおっぱいも92あって大きくてもちもち(雪乃さんは秋田出身だから多分色白もちもちおっぱい)で、それはそれでえっちだけど、僕はマゾなんでやっぱお尻なんですよね。
 ほら、お嬢様はアナルがお好きっていうでしょう?
 雪乃さんも性の目覚めはお尻弄りというはしたない秘め事だったと思いますよ。
 可憐でおしとやかで実に魅力的な豊満お嬢様(22)が、騎乗位杭打ち搾精お尻えっちでフーフー言いながら快楽を貪ってる姿とか、本当にえっちだと思いませんか?

 じゃあ最後に雪乃さんの一番えっちな公式絵を。

 

 

f:id:tiku_wabu:20190521232724j:plain
 お尻のラインが素敵

 

 

 

  赤西瑛梨華。


 おまんじゅうみたいだね……(色んな所を見ながら)
 あのー、瑛梨華ちんはエロいですよ。
 モバマスアイドルって事実上の18禁というキャラが何人かいるんですけど、瑛梨華ちんもその一人なんですよね。
 見てこれ。

f:id:tiku_wabu:20190521233025p:plain

 おまたぐいー


 これは完全にエロ画像。
 まぁ、あの、瑛梨華ちんは趣味がお笑いで彼女自身もスベリ芸とか一発芸を武器にして体張ったりしてるんですけど、このボディですよ。
 そんなことしたらおっぱいマジでぶるんぶるんぷるるんスポーティですよ。
 これ省略されてるけど、本当は汗と湯気でむわむわしててクッソエロいですからね。
 透けたりピタピタにくっ付いてますから。
 いや、公式が最大手というか、モバマスは時折どんな成人向け二次創作よりもエロい公式カードを普通に出してきますからね。油断ならないですよ本当に。

 でですね。瑛梨華ちんの恐ろしい所は自分の武器を分かってながら、それに頼らずギャグをやってくる所なんですよ。
 で、それが滅茶苦茶エロい。
 自分がどれだけえっちな身体してるのか分かってる????

 あとはあれですね。やっぱ汗だくえっちしたいよね。
 ド定番だけど、レッスン後のむっちむっちのむっわむっわの状態でプレスされて、汗の匂いだとかメス臭だとかで鼻から犯されたい。
 やっぱこれですよ。
 個人的には汗っかきだったら嬉しい。

 あと、瑛梨華ちんはおっぱいもお尻も割とプリンみたいな感じだと思うので、椅子に拘束されてのパイズリ地獄で気持ち好くなってる所をしっかり見られながら、視線でも犯されるのとか、ローション尻ズリで挿入無しで精液搾られたりとか、そういう感じの責めシチュが似合うと思いますね。

 

f:id:tiku_wabu:20190521233057j:plain

 これとかぱっと見、履いてないように見えるよね。

 

 

 

 野々村そら。


 個人的には髪の毛の量、毛量のモフモフさが好きだったり。
 あのー、マジで底抜けに明るくて、なんでそんなに前向きなの???? って感じなんです(そこが好き)。

 健康的な身体には健康的なエロスが宿る、みたいなね。話ありますけど、そういうの抜きにしていちいちエロい。
「笑顔」がえっちさを増強させるっていうんですかね。
 自分が持ってる女としてのパーツ、恐らくあまり分かってないんですよ。瑛梨華ちんとは真逆。
 だからこそ、おっぱいや露出メインな恰好で普通に満面の笑顔してる。

 

f:id:tiku_wabu:20190521233159j:plain

 エロさと可愛さのハイブリッドですよ

 

 ギャップみたいなもんですね。
 そのギャップから生まれるエロさ。そういうのにググっと惹かれちゃいますね。
 ただ、きっと本人はいざセックスだ、破瓜だ、初体験だってなると、借りてきた猫のように枕を抱えたり、目を合わせず押し黙っちゃったりすると思うんです。
 あと、割とスタイル自体は普通めなんで、顔に乗ってもらった時もクンニしやすそう。
 でもきっとそらちんは責められたら「やったなー!」ってノリノリで乳首責めとかして、ちゃんと立場を分からせてきそう。

 で、ここまで読んできた人/僕の女性の好みを知ってる人なら気付くかと思うんですけど、そらちんってそのキャクターの記号として見ると、全く僕の好きな感じではないんですよね。

 これは僕もよく分ってないんですけど、多分、初期の頃の印象。さっきも書いたけど底抜けの明るさと、その無自覚の身体のえっちさみたいなのが、多分僕のちんちんに響いたのかな…って感じですね。

 まぁ、ありますよね。自分の感情の理由が自分でもイマイチ分からない──みたいなやつ。そらちんもそういう感じで好きになったのかなって今は思います。

 最後にひとつ、オッ! と思ったのはこれ。

 

f:id:tiku_wabu:20190521233244j:plain

 手前で変顔させてるのは瑛梨華ちんです。えりそらもっと流行って欲しい。

 

 これも事実上のR18ですよ。

 これまで笑顔! はっぴー☆ ってやってた子が急にこんなニッチな性癖向けみたいな雰囲気の顔とおっぱい主張とか、もうびっくりでしたね。

 あと、登場する度におめめとおっぱいが大きくなってるので、そのうち巨乳枠に入ると思います。

 

 

 


 ここから〆なんだけど、今ふっと思い出したんですが、4Pとかさ、いいよね。
 3人は絶対性欲強いから、マジでこっちのちんちんを枯らしに来ますよ。

 こういう時にやっぱスタドリっていう便利エログッズは最高ですね。
 個人的にはスタドリを飲むとエナドリを飲んだ人の体臭を、逆は逆の体臭をフェロモンというか軽く媚薬みたいに感じて、お互いに発情しちゃう──みたいな脳内設定があったり。

 あと、あれ、やっぱこういう妄想でしか出来ない感あるけど、「利き酒」ならぬ「利き顔騎」とかね。めっちゃ憧れる。
 目隠しした状態で、顔に乗られて……当てれば良い良い、外したら即お仕置き逆レ──みたいなのね、夢だなぁ。

 ぶっちゃけ僕は女の子に射精させてもらえれば、惨めにみっともなくイかされればそれで良いみたいな感じなんで、おまんこ使わせてもらえずとも交代で玩具にされて最後に射精させてくれればそれで良い……いや、お願いします、イかせてください……。って感じなので。

 


 まぁ、ここまで普段妄想してる事や、担当アイドルへのえっちな想いを描いてきた訳ですけど、こんな「お気持ち表明」をもっと皆もして欲しい訳ですよ。
 冒頭にも書いたと思うんですけど、ネガったり愚痴ったりするだけがお気持ちじゃないぞと。
 マイナス感情でも、ダイマでもない、もっと乱雑に、適当に、担当アイドルの好きな部分っていうか、担当アイドルとえっちがしたい!!!!!!!ってのを、恥ずかしがらずにオープンにしていけば良いと思うんですよね。

 僕はこういうブログやってるから、もう恥ずかし気もなく(でもマゾも恥ずかしいって気持ちを失くしたら羞恥プレイは楽しめないよね)ツイッターと同じノリで書いてますけど、じゃあ他の人はどこに書けばいいって話ですが、そりゃもう「お気持ち表明」の聖地、はてな匿名ダイアリーですよ。

 匿名の良さっていうのは、ネガや愚痴じゃなく、えっちな事が書けるってのが本当の魅力ですからね。
 あそこでえっちな投稿していいのかは知らんけど。


 じゃあまぁ、こういう感じでね。えっちなお気持ち表明は終わりにしたいと思います。
「お気持ち表明」をやってみたは良いんですけど、マジモンを読んだ事があまりないので、こういう感じであってるのかは不安ですけど、まぁいいですよね。

 

 で、次の風俗レポなんですけどどうしましょうかね。
 そうそう、車買ったり趣味のアイテムとかで出費がヤバくてお金無いんですよ……。

 とりあえず、ボーナスで風俗行こうかな~ってのが今現在の漠然とした予定ですので、次は7月頭らへんでM性感とかかなーって感じです。

神戸でドストライクな嬢とえっちな事してきた話

 最近、ツイッターで「〇〇で××な話」というタイトルはダメ! みたいな話がありますが、僕は前からやってるので無実ですよ、無実!

 今回の風俗レポは、久しぶりの風俗遠征です。

 場所はなんと神戸。

 

 まぁ……ぶっちゃけると、この連休中に神戸でアイドルマスターシンデレラガールズの同人イベントである『シンデレラステージ(シンステ)』が開催されるので、その参加に伴って神戸の風俗行くか~!! って感じですね。

 

 

cin-stage.com

 

 

 で、まぁ、最初はそういうイベントという事もあって、日頃の猥談に花を咲かしているフォロワーさんと風俗オフしたいな、と思っていたのですが、残念ながら予定が合わずにお流れに。

 そのままずるずるとお店を決めることも無く、シンステ前日、神戸へと降り立ちます。

 

 その日は昼から夕方まで有馬温泉でのんびりと湯を楽しみます。

 シンステは去年、一昨年と、この神戸で開催されていて、去年も有馬温泉へ行ったのですが、なんと今年は有馬でも有数の大規模日帰り温泉施設である『太閤の湯』がリニューアルに向けての工事中。

 その為、金の湯と銀の湯へ浸かりに行ったのですが、三連休の中日という事もあり、人の多い事多い事。

 まさか温泉で待機列が出来るとは思いもしませんでした。

 

 そんな感じで有馬を楽しんだ後は三宮へ戻り、予約していいたシティホテルへ。

 チェックインしてから、その場で風俗情報サイトを見てお店を考えます。

 決めた後はいつものようにお店に電話をしていくのですが、今回はおまかせコースで予約をして、ホテル街へ向かいます。

 ──途中、三宮駅で阪急線と阪神線を間違えそうになったり。

 

 駅に着いてお店へ連絡を入れ、指定されたラブホテルへ。

 

f:id:tiku_wabu:20190212234650j:plain

 

 チェックインして部屋番を伝えて10分ほどで、部屋のドアがノックされます。

 ドアを開けて嬢のAさんご対面──となるのですが、もうその瞬間、超びっくりしましたね。

 超ドストライクなんです。

 まず髪型、茶色というか栗色に近い感じのショートヘアのちょいぱっつんです。内巻き系の。あれです、小顔に見える的な。さらっさらのショートヘア。モバマスアイドルで言うなら髪色も含めて喜多見柚ちゃん的な感じの髪型です。

 で、ここからです。

ここがマジで神ポイントなんですけど、メガネです。

 オプションとかじゃないです、マジメガネです。

 マジで、素で、メガネなんですよ。しかもシンプルで飾り気ゼロな薄型でメタルフレーム

 分かります? 僕の好きなショートヘアとメガネですよ。

 この2つの好きな属性がおまかせで、不意打ちで、来たんですよ。

 もうこの出会いの瞬間でもう感動ですよね。

 で、おっぱい。

 セーターでおっぱいドーン!! って感じです。

 

 で、まぁ、諸々のことをやるんですが、Aさん、ノリがすごく軽くて初っ端から、

「60分と90分どっちがいい? 60分は10万円で90分は16000円だけど?」

 みたいなジャブをかましてきます。

 この時点でなんかすごく和やかな感じに。

 あと、「~じゃい!」「~けんね」みたいな広島的な訛りがあって、それも加えてすごく可愛いんですね。愛嬌があるというか、すげー明るい。

 聞くと親がそっちの方の生まれで本人は北関東の出身とのこと。

 そんな感じで、わちゃわちゃとした雑談をしていると「おっぱい何カップだと思う?」とAさん。HかIかな~って感じだったので、Hと答えると「当たり!」「すごい、おっぱい星人!」みたいな事を言われて流石に恥ずかしくなったり。

 あ、時間なんですが、最初は60分コースで予約してたのですが、あまりに可愛くて90分にしました。

 

 そんな感じで寒いね、とか、どこから来たの、とかそういう雑談の後、シャワーへ。

 まだ入店数日という事で、赤い下着を脱ぐ姿を見てたら恥ずかしがられます。(風俗経験あるという事でしたが……???)

 で、裸になったAさんなのですが、おっぱいはもちろんの事。

 キュートで小さめのお顔に、おおきなお胸、肉付きの良いお腹、でかいお尻と、こう、夢みたいなボディーのAさん。

 あ、そうそう。今回のこのお店はぽっちゃり風俗です。

 で、シャワー中もくすぐられたり、ビクビク感じるのを笑われたりと、終始Aさんのノリに翻弄されていました。

 もちろんこの時点で乳首が弱いです、という旨と、メガネは外さないでくださいと伝えます(僕は外すのですが)。

 

 その後、ベッドインとなるのですが、「せっかく綺麗にされてるのに……」と言いながら、ばさっと掛け布団を放るAさん。そのまま押し倒される形でキス。

 ある程度お互いに貪った後、枕に頭を乗せて正しい位置へ移動します。

 まずは入念にフェラ。

 口全体で頬張るようにフェラをしていくのですが、シャワー中に乳首が弱いと言った事もあり、横から抱き着く形で、乳首を指で転がしつつ、口でちんちんを……という2点責め。普段から慣れているプレイなのですが、今回はショートヘアでメガネ。マジで破壊力が半端ないです。

 あと、この辺で感じる声を上げてたら「女の子みたいだね」みたいな事を言われた気がするのですが、この時に訛りがあったかどうか、ちょっと記憶にないですね……。

 で、そこから、口と指を交代しながら乳首とちんちんを虐めらるのですが、乳首をペロペロする時に髪を耳に掛けるんですよ。

 この仕草が本当に素晴らしいです。

 ここは今もはっきり脳裏に焼き付いているのですが、すっかり勃起した右乳首へ舌を這わせながら、メガネのツルが横髪の中に潜っている部分、そこが左手ですっ、とかき上げられて耳の裏にかかる、というシーン。

 このシーンだけは、きっと忘れる事がないでしょう。

「夢」というか、一つの欲望が叶った気がします。

 

 しばらくそんな感じで乳首とちんちんを手を変え口を変えと虐められていたのですが、やっぱり大きなデカパイが気になります。

 シャワーの際に触らせてもらったのですが、流石Hカップ。もっちりした感覚が愛撫の時に太ももや脇腹にあるんですよね。

 そういえば最近は触るのNGだったり、性別上は男性のお店しか行ってなかったという事もあって、おっぱい揉みたい吸いたい欲が湧き出てきます。

 そういう事なので、たまらず「おっぱい揉ませて」と言うと、Aさんはそのまま覆い被さってくる、素股の体勢でおっぱいを差し出してきました。

 最初は「おっぱい星人だ~」みたいな事を言って、片乳ずつお胸を顔にむぎゅーっと押し付けてきたり(これすごい、顔全部おっぱいで埋もれる)したのですが、乳首を指でふにゃふにゃ撫でたり優しく摘まんだり、乳首を舐め吸いしてるうちに勃ってきて、Aさんも甘い声を上げ始めます。この時点で恥ずかしい……みたいな事を言ってるのですが、やっぱりそういう声を聞くと気持ち好いんだな~ってなって、手が止まらなくなりますね。

 で、そんな感じで喘ぎ声を上げさせていてると、お返しだとばかりにAさんも僕の乳首を弄ってくるんですね。もうなると駄目です。ヒィ、みたいな声が出て攻守逆転です。

 しばらくそんな感じでお互いの胸を愛撫し合ってました。

 

 その後はまたちんちんと乳首の2点責めをされるのですが、調子が出てきたのでしょうか、ちゃんと足広げて、と指示されてからは、Aさんの手コキが亀頭ぐりぐりにレベルアップしてきました。

 これは本当にヤバかったです。亀頭はもうすっかり快楽を感じるようになってるので、された時点で腰が浮いちゃって、やめてやめてって言うしか出来なくなるのですが、Aさんは「我慢してって」の一点張り。

 もう駄目、本当に出そうになるから、と本気でジタバタ叫んでも「我慢だよ我慢」とやめれくれません。

 もちろん、頃合いを見てパッと手を放してくれるのですが、それでも本当に射精しちゃいそうなくらい射精の波が高まってヤバかったです。

 乳首の方も涎を舌で伸ばすようにして唾液ローションでべろべろぢゅーぢゅーされてました。

 

 一息ついた後は、ちょっとちんちん虐められたくなかった(虐められたかったけど)ので、顔に乗ってもらう事に。

 顔面騎乗ですね。

 早速顔に乗ってもらうのですが、やっぱり、お尻が顔に迫ってくるのは本当にマゾ心がゾクゾクします。

 しかも結構毛が濃いので、そういうのも良い感じに被虐感を煽ります。

 尻たぶで顔をサンドされて、そこからクンニ……となるのですが、もう尻で顔を包まれた時点で結構なメス臭がして興奮しましたね。

 まずは全体的に舐めていくのですが、どうやらクリの付け根あたりが感じるようで、そこを思い切り舐めまくるとAさんが声を上げてビクビク腰を震わせますし、ぎゅ-とおまんこで顔を圧し、グニグニと擦り潰してくるので、呼吸が出来なくなります。

 それでも舐めていると、またビクっと腰を浮かせてなんとか息が吸えるのですが、もうこの時点で顔は愛液まみれですし、吸い入れる空気が濃厚なおまんこ臭で、ちんちんはガチガチになってます。

 もちろん、そのちんちんをAさんが放っておく訳がなく、「糸ひいてる」と言いながら手コキをしてきたり、乳首をこねてきたりとしてきました。

 そういうお互いに責め合ってる感じになってるのですが、僕の方も舐るのに呼応して喘ぐAさんの反応がえっちでヒートアップして、大分夢中になりながら舌を伸ばしていました。

 この舐める→プレス→舐める→呼吸という流れを何度かやるうちに、お互いヘロヘロ状態になり、一時休憩。

 

 その後はまた素股状態でおっぱいを楽しむ感じになったのですが、さっきとは違ってAさんは腰を浮かせて、おまんことちんちんをキスさせてくるんですよね。

 軽い亀頭責めみたいな感じ。

 僕の方も腰を動かしてタイミングを動かしてたのですが、挿入っちゃう挿入ちゃうって……と焦ってたのも事実です。

 ただ、これってもしかして、お願いしたらもしかして──なんて事を今、ふと思ってしまったり。

 おっぱいの方なんですが、もうさっきと同じように、変わらずHカップのやわらか巨乳を吸ったり揉んだり、おっぱいをぐっと寄せてW乳首舐めをしたり、顔パイズリ……って言えば良いんでしょうか、おっぱいの谷間に顔を埋めてもちもち感を楽しんだりとしていました。

 

 で、その後はまたフェラと乳首責めの2点責めになるのですが、前のようにぴったり密着する感じじゃなくて、寝そべる僕に対して横向きに……。「ト」の字みたいな感じですね。

 乳首舐めは最初から唾液を指で掬って付けて弄ってくるのですが、もうこれだけでちんちんが腰ごとビクっとなってしまいます。

 大分ノってきてるのか、Aさんもマゾじゃんマゾじゃんみたいな事をニヤけながら言ってきます。

 しばらくそういう風に気持ち好くされていたのですが、Aさんが微妙にお尻をふりふりしながらフェラをしてたので、思い切って「指入れていい?」と聞いてみると、OKとのこと。

 正直緊張しましたね。

 よくあるじゃないですか、「男はAVの見過ぎでガシガシ手マンして膣内を傷つける」みたいなやつ。

 その事を頭に入れながら中指をゆっくり沈めていって、まずは中でゆっくりさするように。

 この時点でAさんもえっちな声がどんどん大きくなっていました。

 結構熱くて、張りがあるんだな~という感情と、脳内でエロ絵でよくある断面図の事を考えながら、膣内を探り探りで指を動かしていると、「もっとして」みたいな事をAさんが言うので、覚悟を決めて中指と薬指の2本で指を入れ、どんどん出てくる愛液の潤滑に任せてクロールのバタ足のようにゆっくり指を動かすと、もうすごいです。

 Aさんの嬌声に合わせて膣肉が指を痛いくらい締め付けてくる。

 めっちゃ強いじゃん……なんて事をぼんやりと思ったのですが、そんな感慨も興奮で吹き飛びましたね。

 もうこうなると、Aさんのえっちな声がもっと聞きたいという一心で、声を荒げる所をひたすら愛撫していくのですが、Aさんも負けじと亀頭を手のひらでぐりぐりしてきます。

 この時点でAさんは僕の方を見て亀頭ぐりぐりしかしていません。

 イきそうだから乳首触って……と言おうとしたのですが、それを言う前にア、となってあっという間に、射精。

 亀頭責めだけで射精……というか乳首責めナシで射精。

 普段、割と焦らされて焦らされてという事が多かったので、一瞬、自分が射精したのが分からなかったくらい、びゅ~っとした吐精で、急な快楽で頭が真っ白になりましたね。

 

 いやぁ、まさかちんちんだけの刺激でイくとは思ってませんでした。

 それくらい普段、射精と乳首責めをセットのように思っていたのですが、これは女性の喘ぎ声とか、おまんこを愛撫するとか、そういう「男としての本能」が性癖であるとか、性感帯で受ける快楽に勝った──という事なのでしょうかね。

 この後、べとべとになった指をえっちな味だな~と思いつつ舐めてたら、Aさんに「だめだめ!! 恥ずかしい!」と怒られました。

 

 

 その後はシャワー浴びて、お互いのメガネを交換して掛けてみたり、Aさんの可愛いカバンの話をしたりして、後片付けをした後一緒にホテルを出ます。

 別れの挨拶の後、またね~! と笑顔で手を振ったAさんを見て、ちょっと胸が痛くなりながら「一期一会」という言葉を考えてしまいました。

観光でこっちに来ただけって言ったんですよ、ちゃんと最初に。

 

 普段から結構風俗に行ってますが、ぶっちゃけ今回はビジュアルだけでもドストライクでしたし、プレイも楽しくて、非常に満足度が高かったです。

 今回の風俗レポはこんな所でおしまいです。

 次のレポでお会いしましょう。

 

 話は変わりますが、翌日の『シンステ』の後の打ち上げオフで貰いました。

 

f:id:tiku_wabu:20190212234645j:plain
 

 喜多見柚ちゃんのプライズフィギュアです。

 上履きの造形がすごいのと、分割部分が上半身と下半身のみでびっくりしました。

 

 

<補足>

 Aさん、本当はもっとというかプレイ中もがっつり訛り言葉で喋っていて非常にえっちだったんですが、記憶がもう曖昧で何を言ったかという内容しか覚えていないんですよね。

 あと、後でお店の日記みたら普通にアイマス知ってたので、アイマスの話振れば良かったなーって後悔。