ちくわぶろぐ

オタクがえっちなお店に行って帰ってくる場所 

手コキ風俗に行ってきた話

 

 本当に久しぶりの投稿です。

 

 人間、一度サボっちゃうとズルズルと尾を引くもんなんですね。

 まぁ、それはとりあえず置いておいて。

 

 

 今回は、手コキ風俗に行って参りました。

 いわゆるこちらからのボディータッチはNGで、嬢は服を着たままってやつです。

 

 夏の日差しがまだ残って暑かった某日、所用で都内の方まで出かけていたのですが、その後帰ろうと思って駅まで行くと、アクシデントで電車が止まっているとのアナウンス。

 バスを使おうと思っても行きたい駅に向かうバスはなく、初めて来た街なので時間を潰す場所も知らず──という事で途方に暮れてぼんやりと駅前でスマホを弄っていた訳ですが、ここである事を思い出します。

 風俗に行こう、と。

 少し話が変わるのですが、ツイッターでえっちな話を楽しんでいると、えっちな人からのフォローが来たりします。

 で、まぁ、フォローを返すか否かは別として、フォローされたら一応そのアカウントのツイートをバーッと読むんですね。

 そういう事をしてたら、あるツイートから一つの手コキ風俗を知る機会がありまして。

 手コキ系のお店って色々とあると思うんですけど、このお店は「寸止め」と「連続抜き」に特化しているお店でした。

 場所もですね、なんとそこから一駅程度の距離。

 普段、都内のなんでもない線路沿いや住宅街を歩くなんてしないですからね。

 ちょっとした冒険心……というか、知らない街を歩くのってなんかワクワクしません?

 お店に電話をかけ終わると、早速線路沿いに歩いて行きます。

 

 

 20分くらいですかね。

 お店の最寄駅に着いて、レンタルルーム(今回はホテルじゃないのです)に入り、お店へ確認の電話。

 テレビのアダルトチャンネルを付けると、ショタ役の男優が睡眠薬で眠った女性にいたずらする…というAVがやっていたので、それを見ながら、気持ちを高めていきます。

 10分か15分か、そのくらいでドアがノックされて、対面となります。

 今回はお試しのショートコースなので、キャストの指名は出来ませんでしたが、ドアの前にいたAさんは背丈は150センチほどのすらりとした人。

 雰囲気は「どこにでもいそうな物静かなお姉さん」という感じ。

 後でお店のサイトを見て知ったのですが、年齢は30歳とのことでした。

 そういった意味ではすごく綺麗なお姉さんって感じですね。

 挨拶をして、お金を払って、時間も余裕はないので簡単な説明を受けた後にシャワー。

 上半身の前部分とちんちん辺りを洗って、あとは流すだけいいよ、との事だったのでカラスの行水って感じでちゃっちゃとシャワーを浴びます。

 そしてベッドへ。

 

 既にベッドの上ではAさんが準備をして待機していて、優しく迎えてくれます。

 誘われるがままベッドの端に腰掛けて、Aさんに背を預けると着衣のおっぱいの柔らかさに、ああ~~という感じになります。

 そうそう、Aさんは着衣のままです。

 薄手の水色系のワンピースの上に黒のカーディガン(?)的な上着を羽織っているだけなので、すごく体温や肌の柔らかさが伝わってきます。

 まずはそのまま、さら~っと太ももや脇腹をなぞってくるAさん。

「いっぱい焦らしちゃうから、我慢してね」との事を密着状態の耳元で囁くのでもう、それだけでヒ~~ってなっちゃいます。

 何往復か身体をなぞられた後、その手はゆっくりと乳首やちんちん付近に近づいて来て、乳輪をなぞったり、竿に線を引くように指で撫でたりとしてきました。

 ウォーミングアップともいえる愛撫が終わると、後ろでAさんがボトルからローションを手に取るのが音で聞こえます。

 背中越しなので、こういう耳からだけの情報……というのがエロさを増しますね。

 で、ローション塗れの手で乳首を責められるんですが、これ、手つきがすごくてびっくりしたんですよ。

 親指を除く4本の指で、まるでピアノの鍵盤をチャララララーーンとやるやつ(詳細は「グリッサンド」で検索してみてください)のように、撫でるように、擦るように、責めてきて思わず気持ち好い声が出てしまいました。

 今までにされたことのない愛撫のされ方。しかもローションでぬるぬるしてるし両乳首同時なのでカウパーだだ漏れ状態です。

 もうこうなると、ちんちんどころか腰がビクビクガクガクして、大分射精欲が高まってきます。

 Aさんがローションを追加して、今度はちんちんを扱いてくる──のですが、これもまたテクがすごい。片方の手で竿を扱き、もう片方の手で亀頭全体を覆うようにこねくり回す……。

 文章にすれば「亀頭責め手コキ」の一言なんですが、本当にすごかったですね。

 手のひらで亀頭を包み込んでこねているだけなのに、まるでフェラの時のようなジュポグポ音がするんですよ。もちろんローションを使っているから、そういった水音がするのは当然なんですけど、刺激もフェラっぽかったんですよね。

 僕は割と、亀頭への刺激はくすぐったく感じちゃうタイプなんですけど、この手コキはそういうのを感じさせないテクがあり、非常に素晴らしく、快感でした。

 で、もうこうなると、どんどん射精したくなっちゃって、イキそう、ダメ……みたいな事を口走っている訳です。

 ただ、そのような事を口にする度にAさんの手がぱっとちんちんから離れてぐぅ……と、悶えさせられるんですよね。

 寸止め特有の、あの、気持ち好さが混じった倦怠感っていうんですか。あれがじわ~っと下腹部にキます。

 腰をかくつかせながら、もっとして、やめないでと懇願すると、「イッちゃ駄目だからね、我慢してね」とAさんがまた手コキと乳首への愛撫を再開してきます。

 さっきより手コキは早くなり、水音がじゅくじゅちゅと響いて、射精の波が来て、またイキそうになって、また手を離されて、またイかせてください……とお願いして。

 そんなやりとりを計4回くらいやった後に、もう出ちゃいます、イかせてください、とお願いすると、「じゃあ見ててあげるね、全部出しなよ」と手コキと乳首をこねるのを激しくされて、そのまま射精しました。

 イった時は、少しのけ反るようにAさんに上半身の体重を掛けて、ビクっと跳ねるような感じでしたね。

 その後はAさんにお腹に出た精液を簡単に拭いてもらって、シャワーを浴びます。

 最後にすごく気持ち好かったです、ありがとうございます、みたいな感じで挨拶をして簡単なお話をしたんですが、その際にこのお店は某フェチ系AVメーカー「A」がプロデュースしてるお店と聞いて「マジで!?」となりました。

 そう聞くと、確かにサービス内容は納得ですね……。

 

f:id:tiku_wabu:20171112195230j:plain

 事後

 

 いやぁ……今回、最初にも書きましたけど本当に久しぶりの投稿になってしまいましたね。

 一応、2017年最初の頃からこれまで何回かえっちな経験をしてるので、後日まとめてこのブログにアップしたいと思います。

 出会い系で童貞喪失したりとか、初めてソープに行ったりとかしたんですよ。

 まぁ、すっかり2017年も暮れに近づいていますが……。

 

 とりあえず、今回はこんな所で〆たいと思います。