ちくわぶろぐ

オタクがえっちなお店に行って帰ってくる場所 

コスプレソープでセックスしてきた話

 すっかり寒くなりましたね。

 

 今回は、ツイッターのフォロワーと風俗オフという事で、タイトル通りコスプレソープに行ってきました。

 コスプレソープに行きたい、というお話をもらい、良いですね~という事で話を進めていき、とある寒い休日の早朝、お店の最寄駅前にて集まり、そのままお店へ。

 あ、なぜ早朝かというと、「非会員は前日予約が出来ない」という情報を見た僕らは、「じゃあ開店時間の早朝に電話するしかない!」と思い、早朝に行くことを決めました。

 しかし前日になって、当日の込み具合を聞くためにお店に電話して聞いてみたら、非会員でも前日の夜から予約が出来るとの事で──。

 そこで何故か当日の早朝に予約を入れてしまった、という訳です。

「これだったら、次は普通に昼前とかにしましょう」というのが僕とフォロワーの結論になりましたね。

 

 閑話休題

 

 まずは受け付けで説明と入浴料の支払いをして、コスプレを決めていきます。

 初めてのコスプレソープという事でものすごく調べて、

 

 第一候補「スク水+黒スト+メガネ」

 第二候補「バニーガール+メガネ」

 第三候補「ブレザー制服+黒スト+メガネ」

 

 という感じで考えていました。

 

 で、この順番通り、第一候補で行こうと思ったのですが、なんとスク水はシーズンオフという事で今は取り扱っていないとの事。

 ショックでしたね……。

 気を取り直して、第二候補であるバニーガールを選択して、待合室へ。

 朝だったこともあり、壁に掛かっているテレビではめざましテレビが流れています。

 あ、ちなみにお客さんは僕ら2人以外にはいませんでした。

 番組では都内のユニークな銭湯を特集していて、これから「入浴」する人がテレビで「入浴」するのを見ている、という少し不思議な絵面に。

 フォロワーさんは10分も経ってないくらいで呼ばれていったのですが、僕はその後15分ほど待っていた気がしますね。

 

 で、やっとスタッフさんに呼ばれて待合室を出て、カーテンがかかる階段の前へ。

カーテンが開かれると、そこにはバニー+メガネの恰好のお相手、Aさんが。

 すらりとした細身の体型、ソフトというか、黄色が濃い感じの金髪のロングヘアをツインテールにして、黒縁メガネ。

 年は自分と同じ……少し下かなぁ……?

 お互いに、よろしくお願いしますーみたいな挨拶をした後、手を繋いでプレイルームに向かいます。

 案内されたプレイルームは、部屋の半分がお風呂で、後の半分がベッドと申し訳程度に学習机……といった感じのお部屋。

 恋人になる料金を払い、世間話もほどほどに、バスタブにはもう湯が張られていたので早速服を脱いでそこに浸かって、準備を始めるAさんを見ています。

 バニーガール姿のAさん、どうやら屈むと頭のウサ耳がずれて落ちそうになるようで、泡々を用意しながら「やばい~……」みたいな事を言ってましたね。

 準備が出来た後、言われるがままにスケベ椅子に座る……んですが、壁際の部屋で、まだ8時前だった事もあり、湯上がりの身体にはめちゃくちゃ寒くて……全身を泡々で洗われながら寒さに耐えていました。

 太腿から上半身を泡だらけにしてもらった後、ちんちんも洗われるんですけど、初っ端から亀頭を手の平で覆うように擦ってくるので、んん~~っみたいな声を漏らしてしまいます。

 基本的にいつだって亀頭は弱いし、しかも泡々でぬるぬるなのであっという間にギンギンになっちゃいます。

 その後はアナルを洗われて「お尻は触っても大丈夫?」「好きなんでお願いします」みたいなやりとりを。

 そして最後にシャワーで流してもらっている最中に、乳首が弱いのでたくさん責めてください、という旨を伝えます。

 

 

 その後はAさんにブラとパンツを脱いでもらい、お待ちかねのベッドインとなります。

 今回は衣装が衣装なのでマットプレイはないです。

 まずは、まずはAさんにぎゅーっと抱きつき、バニーガール服の素材越しの暖かさや、ストッキング越しの太ももの柔らかさを楽しみます。

 ストッキングの絶妙なざらざらに包まれた人肌が最高に気持ち好くてずっとすりすりしたくなりますね……。

 で、その後ベッドに寝てもらい、おっぱいを揉んだりしてから、バニーガール衣装の胸の部分をぺろんと捲って生おっぱいと御対面。

 あの、これすごいんですよ。おっぱいが出るのやっぱり分かってても、捲っておっぱいが出てくるのって、すごくテンション上がるんですよね。

 そのままおっぱいに吸い付き、乳首を舌で転がしたり、乳輪に舌を這わせたりします Aさんは少し乳首が大きめだったので、すごく舐めがい、吸い付きがいがありましたね。

 一通りおっぱいを堪能した後はキスとディープキス。

 メガネの女性とキスするのって、普通にキスするのよりも興奮します。

 あの、メガネが近づく感じっていうんですか、あれが好きなんですよね。

 キスに後は、下へと動いていきます。

 実は今回、「パンスト破り」をやってみたくて……。

 

 あのですね、この「眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら」という作品があるんですけど、

 

http://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=49ekdv00451/?i3_ref=list&i3_ord=25

 

 

この作品でスク水+黒タイツに憧れを持っていた為に前述の通り、最初はスク水+黒ストを選ぼうとしてたんですね(タイツじゃなくてストッキングなのは、破りやすそうだから)。

 これ見てスク水+黒タイツにドハマリするくらい性癖に刺さる作品でして……、本当にエロいんですよね。

 

 閑話休題

 

 

 で、まぁ、下方向へ移動した後、まずは衣装越しに股の部分に顔を埋めたり触ったりして楽しんでから、ストッキング破りをしようと衣装の股の部分をずらしていきます

 あ、そうそうAさんはパイパンでした。なんでも「こっちの方が皆の受けがいいんだよね」との事です。

 黒スト越しのパイパンおまんこは非常にエロくて。すごく艶かしくて、見てるだけでドキドキしてきます。

 で、早速ストッキングを破ろうとするんですが──破れない。

 ストッキングって簡単に伝線して破れるんじゃないの? って思ってたんですが、本当に破れない。

 生地を張るようにつまみ、爪で小さい穴を刺すようにしてみようとするも、もし勢い余ってAさんの肌を突いてしまったらやばい……と思い、実行できず、何とか引っ張るのを継続するのですが、全然破れない。

 見かねたAさんがハサミあるよー? と声をかけてきますが、やっぱり自分で破りたいという気持ちが強く、そのままムキになって引っ張り続けます。

 そんなことをしてると「穴開けてあげるよ」と苦笑いしながら、張った部分に人差し指のつま先を立ててグッと押すAさん。するといとも簡単に穴が開きました。

 ……ファンシーにな色合いの付け爪をしてたので、それが取れないかちょっと怖かったですね。

 あとはその小穴をビリビリと拡げていき、おまんことお尻が全部見える程度にまでします。

 いやぁ、一時期流行った「童貞を殺す服」の元々の意味と言われている「童貞は知識が無いから、フリフリ清楚なお姫様系の服の脱がせ方が分からない」という話がありますが、今回のストッキングの破り方が分からないってのも、知識の無さ故。

 やはり何事も実際にやってみないと分からないものなんですね……。

 その後はクリトリスを中心に、舌で扱いたり吸ったりキスをしたり……という感じでクンニをしていきます 全体的にエロい匂いしかしないし、舐めた後に舌を奥に入れるとわずかに愛液の味がしてそれが良くて無我夢中で吸ったりしてました。

 体勢がキツくなってきたので、少し腰を持ち上げてもらい、45度程度のまんぐり返し状態でおまんこやアナルへのクンニや愛撫を堪能して、攻守交代してもらいます。

 ここでフェラをしてもらってのですが、可もなく不可もなくって感じの普通…という感じでして、せっかくなんでこのまま顔面騎乗してくださいとお願いします。

 前向きがいい? 後ろ向きがいい? と聞かれたので「ちんちんのほう向く感じで」と答えて、そのままずりずりと身体の上を移動してもらって顔に乗ってもらいました

 あの、顔面騎乗される時の視界──、お尻が、陰部が、迫ってくる感じは本当に最高ですね。

そこから、重さが顔にかかり、頬にぎゅーっと当たるストッキングの生地の微妙な摩擦感の中、鼻と口に密着して呼吸路が少なくなる事や、嗅覚を通して匂いをマーキングされるような感じが素晴らしいです。

 やっぱり顔面騎乗は良いなぁ…なんてことをモゴモゴ悶えながら感じていると、「このままシックスナインしようか」とAさん。少し腰を浮かせてもらって、じゃあお願いしますって感じで少し体勢を変えてシックスナインへ突入。

 まぁ、やる事はお互いあまり変わらず、しかも2人とも口を使っている為、ほぼ無言で互いに舐め合い、僕が時折声を上げるという状況。そろそろ……という雰囲気になったので、シックスナインを止め、合体動作へと移行します。

 で、ゴムを付けてもらっていざ……という所で、嫌な体位とかあります? と聞いてみます。

 特にないという事、逆に好きなのは騎乗位と正常位と教えてくれたので、ゴムを付けてもらった状態から腰を浮かせてもらって騎乗位でちんちんを呑み込んでもらいます。

 で、これ絶対動いてる時に外れますよ、って事でウサミミを外してもらい、まずは挿入の感覚を楽しみます。それからは騎乗位が好きというだけあってか、合体後はスムーズに上で動いてくるAさん。

 おっぱいと掛けているメガネがゆさゆさと揺れて、視覚からも興奮出来ます。

 で、ここで乳首を責めて欲しいとお願いして、空いている手で乳首をクリクリと愛撫してもらいます。その後は時折顔を近づけてきてキスしたり……と騎乗位ならではの上からあれこれされるのを楽しみます。

 一番印象に残ったのは、動きの関係上、メガネが少し鼻眼鏡の位置になっちゃうんですけど、そのせいで逆にキュートな感じと、メガネで見られている感が上手くミックスされて非常にエロい雰囲気になっていたのが良かったですね。

 しばらく動いているAさんでしたが、徐々に声が荒くなっていくのが分かりました。

 で、僕も自分で動きたくなったので、正常位でしましょうと提案。一度抜いてから体勢を変えて正常位で再度合体します。

 僕も正常位って好きなんですけど、あまり性経験が無いのと、ベッドのシーツやバスタオルの上で上手く踏ん張れない(腰を動かす為に足の裏で踏ん張るのが必要だけど、毎回足の裏が滑っていってしまう)ので、今回は挿入後にAさんのお尻を少し持ち上げて、体重をややAさんにかける感じで突いていきます。

 どうやらこの角度が良い位置に当たるらしく、「これいい」みたいな事を言うAさん。

 やっぱりどんなものでも反応があると、それも興奮のエッセンスになりますね。

 で、ここでも乳首責めて……とお願いして、今度は下から両手で乳首を摘むように責めてもらいます。

 これもすごく気持ち好いんですね。時折キスして舌を絡めたりしながら正常位をしていき、大分射精の波が高まっていきます。

 ただ、腰振るの疲れたし、やっぱマゾなんで上から見下ろされたいなって事で、フィニッシュは騎乗位で! という感じで騎乗位をお願いします。

 さっきは一度抜いて…の体位の変更だったので、今度は繋がったまま、正常位→対面座位→騎乗位という感じで動いて行きます。

 この動きなんですけど、どうすれば良いのか分からなくて???ってなってたら「抱っこして♡」とAさんが両手を伸ばしてきたのが可愛かったですね。

 で、抱きかかえる感じで起こし、そのまま上に乗ってもらってから動いてもらいます。

 イキそうな事を伝え、また乳首を弄ってもらい、指でさわさわくりくりとしてもらうのですが、ちょっと物足りない。

 舐めてもらおうかと思ったんですが、多分体勢的にめちゃくちゃ難しいと思ったので、乳首に唾つけてそれをローションみたいにして責めてくださいという旨を伝えます。

 え、唾? みたいな感じで軽く引いたような感じのAさん 口をぐちゅぐちゅさせて、え゛ーとまずは唾液を左乳首に、そして次に右にと垂らしてもらい、それから指でくにくにしてもらいます。

 これもやっぱり気持ち好い。やっぱり乳首には摩擦の少ない感じの動きが最適ですね。

 そんなこんなで騎乗位でゆっさゆっさと動かれつつ、乳首を責められつつ、しかもメガネで笑われながら見下ろされると、どんどん射精の波が高まってきます。

 3点責めはもちろん、多分今回はメガネの破壊力がすごかったんだと思いますね。

 そうこうしてるうちに、ヤバくなってきて「もうイっちゃいそうです…」みたいな事を2回くらい口走ると、Aさんがやや上ずった声で「イくの? いいよ~」と返してくれます あとはもうどんどん昂ってきて、イく、あ、出るっ! あ、あっ! という感じの事を口走って射精しました。

 腰がビクンビクンと跳ねそうになるんですが、騎乗位で乗られている為にそれが上手く出来ない 本来なら跳ねる事で快楽の衝撃(?)を逃がすんですが、それが出来ないので下腹部を中心に気持ち好いのが反響して、逆に辛くて、ううーーっ…! と声を漏らしちゃいます。

 そのまま少しぐったりした後、Aさんがちんちんを抜くのですがその刺激も気持ち好くて、ちょっと声が漏れてしまいます で、ゴムを見るとオナ禁3日と亜鉛サプリのお蔭で精液が大漁でした。

 最後は、また湯船(ぬるくなってる)に浸かりそこでばしゃばしゃと軽く身体を流し、その後に再度スケベ椅子に座してAさんにシャワーをかけてもらいます。

 ここで普段どんなコスプレをするのが多いんですか? と質問すると、制服系が一番注文が多く、バニーもよく注文されるとの事で、逆に複雑だったり、着にくい衣装は時間がかかるから申し訳ない感じになるんだよね、と。

 となると、アニメ系の衣装は時間がかかるのかなぁ……なんて事を思ったりします。

 服を着て、もう後はお別れだけ…なんですが、ここでAさんがちょっと待ってね、と隅の学校机で名刺を書いてもらい、それを貰いました。

 その後は手を繋いで部屋を出て、階段を下りるのですが、そこでキスとハグを交わしてもらい、最後はばいばーいと手を振ってお別れとなります。

 そして階段の先のカーテンが開き、待合室で待ってたフォロワーと合流して、一緒にお店を出ました。

 

 その後はフォロワーと映画館に行き、アニメゴジラを観て、カラオケに行き、某特撮エンターテインメント居酒屋に行きました。

 

 いやぁ……、コスプレソープ、すごいですね。

 これまでもデリヘルでコスプレを頼んだことはありますが、衣装を着てもらって、挿入する……ってのは、やっぱり違います。

 オタクなのでコスプレ=アニメ系、というイメージがあったのですが、このお店は制服だけで十数パターンもあり、スク水や体操服も何パターンという感じの学生衣装と、色んな職業の衣装が多かったですね。

 

 まぁ、今回はこんな感じです。

 この次があるなら2017年の風俗締めになると思うのですが、行くとしたら久しぶりのM性感か、この所ちんちんと触れ合ってないので、ニューハーフ風俗か……。

 悩みますね……。

 

 

 あ、そういや前回の記事で書いてた総集編はぼちぼち書いているので、年内には上げられたらな……って思います。